塩干品の製造工程中に起こる筋肉タンパク質の変化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 北田, 長義 キタダ, ナガヨシ

書誌事項

タイトル

塩干品の製造工程中に起こる筋肉タンパク質の変化に関する研究

著者名

北田, 長義

著者別名

キタダ, ナガヨシ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (水産学)

学位授与番号

乙第4203号

学位授与年月日

1992-12-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 目次 / p1 (0003.jp2)
  3. 緒言 / p4 (0006.jp2)
  4. 略語 / p8 (0010.jp2)
  5. 1. 実験方法 / p9 (0011.jp2)
  6. 1)試料 / p9 (0011.jp2)
  7. 2)魚肉の塩漬方法 / p9 (0011.jp2)
  8. 3)塩漬肉中の塩濃度の測定 / p9 (0011.jp2)
  9. 4)塩漬肉の破断強度の測定 / p10 (0012.jp2)
  10. 5)塩漬肉の乾燥方法 / p10 (0012.jp2)
  11. 6)乾燥中の魚肉重量変化の測定 / p10 (0012.jp2)
  12. 7)塩漬肉の加熱方法 / p10 (0012.jp2)
  13. 8)乾燥および加熱中の魚肉の内部温度の測定 / p11 (0013.jp2)
  14. 9)魚肉のSDS*-尿素-メルカプトエタノール混液に対する可溶化と可溶化率の測定 / p11 (0013.jp2)
  15. 10)SDS*-ポリアクリルアミドゲル電気泳動法 / p11 (0013.jp2)
  16. 11)筋原線維タンパク質のサブユニット成分の定量 / p12 (0014.jp2)
  17. 12)魚肉中の筋原線維Ca-ATPase活性の測定 / p12 (0014.jp2)
  18. 13)魚肉の呈味成分の分析に関する検討 / p13 (0015.jp2)
  19. 2. 実験結果および小考察 / p17 (0019.jp2)
  20. 第1章 スケトウダラ筋肉の塩漬中に起こる筋原線維タンパク質の生化学的変化 / p17 (0019.jp2)
  21. 1)塩漬に伴う魚肉中の塩濃度の経時変化 / p18 (0020.jp2)
  22. 2)塩漬に伴う魚肉の破断強度の経時変化 / p18 (0020.jp2)
  23. 3)塩漬に伴う魚肉中の筋原線維タンパク質のサブユニット成分の経時変化 / p21 (0023.jp2)
  24. 4) 塩漬に伴う魚肉中の筋原線維Ca-ATPase全活性の経時変化 / p25 (0027.jp2)
  25. 5) 小考察 / p28 (0030.jp2)
  26. 第2章 スケトウダラ塩漬肉を乾燥する際に起こる筋原線維タンパク質の生化学的変化 / p32 (0034.jp2)
  27. 1)乾燥に伴う塩漬魚肉中の塩濃度の経時変化 / p33 (0035.jp2)
  28. 2)乾燥に伴う塩漬魚肉中の筋原線維Ca-ATPase比活性の経時変化 / p33 (0035.jp2)
  29. 3)乾燥に伴う塩漬魚肉中の筋原線維タンパク質のサブユニット成分の経時変化 / p38 (0040.jp2)
  30. 4)小考察 / p44 (0046.jp2)
  31. 第3章 乾燥によるスケトウダラ塩漬肉中の筋原線維タンパク質の変化と乾燥温度の影響 / p47 (0049.jp2)
  32. 1)乾燥に伴う魚肉重量の経時変化と乾燥温度の影響 / p48 (0050.jp2)
  33. 2)乾燥に伴う魚肉中の筋原線維Ca-ATPase活性の経時変化と乾燥温度の影響 / p51 (0053.jp2)
  34. 3)乾燥に伴う塩漬肉中の筋原線維タンパク質のサブユニット成分の経時変化と乾燥温度の影響 / p51 (0053.jp2)
  35. 4)小考察 / p59 (0061.jp2)
  36. 第4章 塩漬肉の加熱乾燥および加熱中に起こる筋原線維タンパク質の変化 / p61 (0063.jp2)
  37. 1)加熱乾燥および加熱に伴って起こる魚肉中の筋原線維Ca-ATPase比活性の経時変化の比較 / p62 (0064.jp2)
  38. 2)加熱乾燥および加熱に伴って起こる魚肉中の筋原線維タンパク質のサブユニット成分の経時変化の比較 / p65 (0067.jp2)
  39. 3)小考察 / p74 (0076.jp2)
  40. 第5章 塩漬によって起こるスケトウダラ筋肉中の筋原線維タンパク質の変化と塩漬条件の影響 / p76 (0078.jp2)
  41. 1)塩漬に伴う魚肉中の塩濃度の経時変化と塩漬条件 / p77 (0079.jp2)
  42. 2)塩漬に伴う魚肉中の筋原線維Ca-ATPase活性の経時変化と塩漬条件 / p77 (0079.jp2)
  43. 3)塩漬に伴う魚肉中の筋原線維タンパク質サブユニット成分の変化と塩漬条件 / p80 (0082.jp2)
  44. 4)小考察 / p88 (0090.jp2)
  45. 第6章 マアジ塩漬肉を乾燥するときに起こる筋原線維タンパク質の変化 / p90 (0092.jp2)
  46. 1)乾燥に伴う塩漬肉の重量と魚肉中の塩濃度の変化 / p91 (0093.jp2)
  47. 2)乾燥に伴う塩漬肉中の筋原線維Ca-ATPase活性の変化 / p94 (0096.jp2)
  48. 3)乾燥に伴う塩漬肉中の筋原線維タンパク質サブユニット成分の経時変化 / p96 (0098.jp2)
  49. 4)小考察 / p102 (0104.jp2)
  50. 第7章 スケトウダラ筋肉の塩漬歴と塩漬および低温乾燥中に起こる筋原線維タンパク質の変化の関係 / p106 (0108.jp2)
  51. 1)塩漬歴と魚肉中の塩濃度の経時変化 / p107 (0109.jp2)
  52. 2)塩漬歴と魚肉中の筋原線維Ca-ATPase活性の経時変化 / p107 (0109.jp2)
  53. 3)塩漬歴と魚肉中の筋原線維タンパク質サブユニット成分の変化 / p110 (0112.jp2)
  54. 4)塩漬歴と乾燥に伴う魚肉重量および魚肉中の塩濃度の変化 / p115 (0117.jp2)
  55. 5)塩漬歴と乾燥に伴う魚肉中の筋原線維Ca-ATPase活性の変化 / p118 (0120.jp2)
  56. 6)塩漬歴と乾燥に伴う魚肉中の筋原線維タンパク質サブユニット成分の経時変化 / p120 (0122.jp2)
  57. 7)小考察 / p125 (0127.jp2)
  58. 第8章 スケトウダラ筋肉を塩漬および乾燥する際に起こる呈味成分の変化 / p128 (0130.jp2)
  59. 1)撒塩による塩漬および乾燥に伴う魚肉中の水分の減少 / p129 (0131.jp2)
  60. 2)乾燥に伴う塩漬魚肉中の塩濃度の増加 / p131 (0133.jp2)
  61. 3)塩漬および乾燥に伴う魚肉中の酸可溶性核酸関連物質の変化 / p131 (0133.jp2)
  62. 4)塩漬および乾燥中における魚肉中の有機酸の変化 / p135 (0137.jp2)
  63. 5)塩漬および乾燥に伴う魚肉中のアミノ酸の変化 / p137 (0139.jp2)
  64. 6)小考察 / p137 (0139.jp2)
  65. 総合考察 / p142 (0144.jp2)
  66. 文献 / p147 (0149.jp2)
  67. 謝辞 / p150 (0152.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000092765
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000092991
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000257079
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ