Actin and myosin deposition around bile canaliculi : a predictor of clinical outcome in biliary atresia 胆道閉鎖症根治術時における毛細胆管周囲アクチン、ミオシンの形態と術後減黄との関連

この論文をさがす

著者

    • 世川, 修 セガワ, オサム

書誌事項

タイトル

Actin and myosin deposition around bile canaliculi : a predictor of clinical outcome in biliary atresia

タイトル別名

胆道閉鎖症根治術時における毛細胆管周囲アクチン、ミオシンの形態と術後減黄との関連

著者名

世川, 修

著者別名

セガワ, オサム

学位授与大学

順天堂大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第314号

学位授与年月日

1993-03-20

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000092791
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000093017
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000257105
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ