魚類病原細菌エロモナス属の溶血素遺伝子の構造解析

この論文をさがす

著者

    • 廣野, 育生 ヒロノ, イクオ

書誌事項

タイトル

魚類病原細菌エロモナス属の溶血素遺伝子の構造解析

著者名

廣野, 育生

著者別名

ヒロノ, イクオ

学位授与大学

鹿児島大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第41号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第一章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第二章 材料および方法 / p15 (0019.jp2)
  4. 1.使用菌株、ベクターDNAおよび増菌用培地 / p15 (0019.jp2)
  5. 2.遺伝子ライブラリーの作製 / p17 (0021.jp2)
  6. 3.溶血素産生クローン / p19 (0023.jp2)
  7. 4.塩基配列の決定および構造解析 / p21 (0025.jp2)
  8. 5.転写開始点の決定 / p25 (0029.jp2)
  9. 6.マキシセル法によるクローン化溶血素の分子サイズの決定 / p27 (0031.jp2)
  10. 7.溶血活性の測定 / p28 (0032.jp2)
  11. 8.クローン化した溶血素遺伝子のエロモナス菌からの検出 / p29 (0033.jp2)
  12. 9.免疫学的交差試験 / p32 (0036.jp2)
  13. 10.溶血素遺伝子の活性部位の決定 / p33 (0037.jp2)
  14. 第三章 結果 / p34 (0038.jp2)
  15. 1. Aeromonas hydrophila、A.salmonicidaおよびA.sobriaの遺伝子ライブラリー / p34 (0038.jp2)
  16. 2.溶血素遺伝子のクローン化 / p34 (0038.jp2)
  17. 3.溶血素遺伝子の塩基配列 / p36 (0040.jp2)
  18. 4.既知の細菌由来溶血素遺伝子との比較 / p57 (0061.jp2)
  19. 5.溶血素遺伝子のRNA転写開始点 / p68 (0072.jp2)
  20. 6.クローン化した溶血素タンパク質の分子サイズ / p68 (0072.jp2)
  21. 7.クローン化した溶血素およびエロモナス属細菌の溶血活性 / p68 (0072.jp2)
  22. 8.クローン化した溶血素遺伝子のエロモナス属内での分布 / p77 (0081.jp2)
  23. 9.クローン化した溶血素と種々の溶血素抗体との交差反応 / p79 (0083.jp2)
  24. 10.キメラ遺伝子の溶血活性 / p85 (0089.jp2)
  25. 第四章 考察 / p92 (0096.jp2)
  26. 要約 / p103 (0107.jp2)
  27. 謝辞 / p106 (0110.jp2)
  28. 参考文献 / p107 (0111.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000092854
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000093080
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000257168
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ