薄鋼板構造の疲労寿命推定法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 森, 信行 モリ, ノブユキ

書誌事項

タイトル

薄鋼板構造の疲労寿命推定法に関する研究

著者名

森, 信行

著者別名

モリ, ノブユキ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第4291号

学位授与年月日

1992-11-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 主論文の要旨 / p1 (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0009.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0011.jp2)
  4. 1.1 薄鋼板構造の疲労寿命推定の現状と従来の研究結果 / p2 (0012.jp2)
  5. 1.2 研究の目的と論文の構成 / p8 (0015.jp2)
  6. 第2章 引張せん断継手の溶接端の局部応力解析と疲労寿命推定 / p14 (0018.jp2)
  7. 2.1 3次元FEM応力解析と実験検証 / p15 (0018.jp2)
  8. 2.2 3次元FEM応力解析による継手寸法と接合面の応力分布の関係 / p23 (0022.jp2)
  9. 2.3 溶接端の接合面側の最大応力(局部応力)による疲労寿命推定法 / p28 (0025.jp2)
  10. 第3章 箱形断面直線結合部材の溶接部の分担荷重解析と疲労寿命推定 / p33 (0027.jp2)
  11. 3.1 溶接部の分担荷重の計算法 / p34 (0028.jp2)
  12. 3.2 溶接部材の疲労試験 / p38 (0030.jp2)
  13. 3.3 溶接部の分担荷重解析と溶接端の最大応力による疲労寿命推定 / p46 (0034.jp2)
  14. 第4章 箱形断面T形結合部材の溶接端の局部ひずみ解析と疲労寿命推定 / p53 (0037.jp2)
  15. 4.1 溶接部材の疲労試験 / p54 (0038.jp2)
  16. 4.2 引張せん断継手を基準強度とする寿命推定法の検討 / p60 (0041.jp2)
  17. 4.3 基準強度に用いる溶接継手の荷重条件と形状の検討 / p65 (0043.jp2)
  18. 4.4 フランジ付き二枚重ね溶接継手の複合荷重疲労試験と溶接部材の疲労試験結果の比較 / p69 (0045.jp2)
  19. 第5章 箱形断面直線結合部材の溶接端の局部ひずみ解析と疲労寿命推定 / p76 (0049.jp2)
  20. 5.1 溶接部材の疲労試験 / p77 (0049.jp2)
  21. 5.2 平滑材の複合荷重疲労試験 / p82 (0052.jp2)
  22. 5.3 溶接部材と平滑材の疲労現象の比較 / p87 (0054.jp2)
  23. 第6章 箱形断面部材のプレス曲げR部の局部ひずみ解析と疲労寿命推定 / p94 (0058.jp2)
  24. 6.1 箱形断面部材のひずみ解析と疲労試験 / p95 (0058.jp2)
  25. 6.2 予負荷試験片の疲労試験 / p106 (0064.jp2)
  26. 6.3 プレス曲げR部と予負荷試験片の疲労現象比較 / p110 (0066.jp2)
  27. 第7章 結論 / p117 (0069.jp2)
  28. 謝辞 / p124 (0073.jp2)
  29. 参考文献 / p125 (0073.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000092995
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000093221
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000257309
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ