補間法の拡張を応用した代数方程式の分割統治解法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 櫻井, 鉄也, 1961- サクライ, テツヤ

書誌事項

タイトル

補間法の拡張を応用した代数方程式の分割統治解法に関する研究

著者名

櫻井, 鉄也, 1961-

著者別名

サクライ, テツヤ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第4293号

学位授与年月日

1992-11-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 主論文の要旨 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0008.jp2)
  3. 1 序論 / p1 (0012.jp2)
  4. 1.1 はじめに / p1 (0012.jp2)
  5. 1.2 代数方程式の解法 / p2 (0013.jp2)
  6. 1.3 有理関数近似の算法 / p9 (0016.jp2)
  7. 1.4 研究の概要と本論文の構成 / p14 (0019.jp2)
  8. 2 有理近似式の算法とその拡張 / p17 (0020.jp2)
  9. 2.1 はじめに / p17 (0020.jp2)
  10. 2.2 拡張されたEuclidの算法と中国剰余定理 / p18 (0021.jp2)
  11. 2.3 有理式に対するPadé近似式の算法 / p20 (0022.jp2)
  12. 2.4 有理Hermite補間式の算法 / p26 (0025.jp2)
  13. 3 静電場的解釈に基づく代数方程式の反復解法 / p33 (0028.jp2)
  14. 3.1 はじめに / p33 (0028.jp2)
  15. 3.2 静電場的解釈と有理関数近似 / p34 (0029.jp2)
  16. 3.3 電荷量推定型2電荷モデル / p38 (0031.jp2)
  17. 3.4 数値例 / p42 (0033.jp2)
  18. 3.5 推定電荷量による近似モデルの切り替え / p48 (0036.jp2)
  19. 3.6 まとめ / p51 (0037.jp2)
  20. 4 代数方程式の単独反復解法 / p55 (0039.jp2)
  21. 4.1 はじめに / p55 (0039.jp2)
  22. 4.2 Padé近似による単独反復法 / p56 (0040.jp2)
  23. 4.3 数値例 / p58 (0041.jp2)
  24. 4.4 まとめ / p61 (0042.jp2)
  25. 5 代数方程式の同時反復解法 / p63 (0043.jp2)
  26. 5.1 はじめに / p63 (0043.jp2)
  27. 5.2 Padé近似による同時反復公式 / p65 (0044.jp2)
  28. 5.3 ハイブリッド型反復公式 / p69 (0046.jp2)
  29. 5.4 数値例 / p71 (0047.jp2)
  30. 5.5 まとめ / p75 (0049.jp2)
  31. 6 有理Hermite補間による多項式の因数分解 / p81 (0052.jp2)
  32. 6.1 はじめに / p81 (0052.jp2)
  33. 6.2 有理Hermite補間式を用いた反復解法 / p82 (0053.jp2)
  34. 6.3 数値例 / p84 (0054.jp2)
  35. 6.4 まとめ / p85 (0054.jp2)
  36. 7 分割統治法による多項式の因数分解 / p87 (0055.jp2)
  37. 7.1 はじめに / p87 (0055.jp2)
  38. 7.2 中国剰余定理による反復法 / p88 (0056.jp2)
  39. 7.3 数値例 / p92 (0058.jp2)
  40. 7.4 分割統治法に適用したときの計算量 / p95 (0059.jp2)
  41. 7.5 おわりに / p96 (0060.jp2)
  42. 8 結論 / p97 (0060.jp2)
  43. 謝辞 / p101 (0062.jp2)
  44. 付録 / p103 (0063.jp2)
  45. A.1 反復公式 / p103 (0063.jp2)
  46. A.2 計算機プログラム / p106 (0065.jp2)
  47. A.2.1 静電場モデルによる方法(FORTRAN) / p106 (0065.jp2)
  48. A.2.2 Padé近似による単独反復法(FORTRAN) / p113 (0068.jp2)
  49. A.2.3 ハイブリッド型同時反復法(FORTRAN) / p118 (0071.jp2)
  50. A.2.4 有理Hermite補間による方法(FORTRAN) / p132 (0078.jp2)
  51. A.2.5 有理Hermite補間による方法(Mathematica,多倍長演算) / p144 (0084.jp2)
  52. A.2.6 中国剰余定理によるによる方法(FORTRAN) / p153 (0088.jp2)
  53. 参考文献 / p157 (0090.jp2)
  54. 索引 / p168 (0096.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000092997
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000952908
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000257311
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ