Rolling mouse Nagoya as a mutant animal model of basal ganglia dysfunction : determination of absolute rates of local cerebral glucose utilization 大脳基底核障害の突然変異動物モデルとしてのRolling mouse Nagoya : 局所脳グルコース代謝の絶対値測定による研究

この論文をさがす

著者

    • 山口, 辰己 ヤマグチ, タツミ

書誌事項

タイトル

Rolling mouse Nagoya as a mutant animal model of basal ganglia dysfunction : determination of absolute rates of local cerebral glucose utilization

タイトル別名

大脳基底核障害の突然変異動物モデルとしてのRolling mouse Nagoya : 局所脳グルコース代謝の絶対値測定による研究

著者名

山口, 辰己

著者別名

ヤマグチ, タツミ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第3080号

学位授与年月日

1993-03-26

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000093254
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000093480
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000257568
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ