ビスマス系酸化物超伝導体における酸素不定比性とその役割

この論文をさがす

著者

    • 弟子丸, 雄一 デシマル, ユウイチ

書誌事項

タイトル

ビスマス系酸化物超伝導体における酸素不定比性とその役割

著者名

弟子丸, 雄一

著者別名

デシマル, ユウイチ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3143号

学位授与年月日

1993-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 第1節 緒言 / p1 (0007.jp2)
  4. 第2節 酸化物系高温超伝導体の種類と構造 / p2 (0008.jp2)
  5. 第3節 Bi-Sr-Ca-Cu-O系酸化物超伝導体 / p8 (0014.jp2)
  6. 3.1 結晶構造 / p8 (0014.jp2)
  7. 3.2 超伝導性に影響を及ぼす因子 / p12 (0018.jp2)
  8. 3.3 電子構造 / p17 (0023.jp2)
  9. 3.4 調製方法 / p22 (0028.jp2)
  10. 第4節 本研究の目的 / p24 (0030.jp2)
  11. 参考文献 / p26 (0032.jp2)
  12. 第2章 Bi-Sr-Ca-Cu-0系2223相の合成条件の検討 / p36 (0042.jp2)
  13. 第1節 緒言 / p36 (0042.jp2)
  14. 第2節 実験方法 / p37 (0043.jp2)
  15. 2.1 試料調製 / p37 (0043.jp2)
  16. 2.2 キャラクタリゼーション / p37 (0043.jp2)
  17. 2.3 表面観察 / p38 (0044.jp2)
  18. 2.4 超伝導特性 / p38 (0044.jp2)
  19. 第3節 2223相の合成条件の検討 / p39 (0045.jp2)
  20. 3.1 蒸発乾固条件の検討 / p39 (0045.jp2)
  21. 3.2 仮焼温度の検討 / p44 (0050.jp2)
  22. 3.3 超伝導相(2223相)の生成機構 / p51 (0057.jp2)
  23. 3.4 再焼成の効果 / p58 (0064.jp2)
  24. 第4節 本章のまとめ / p61 (0067.jp2)
  25. 参考文献 / p62 (0068.jp2)
  26. 第3章 2223相の酸素含量と超伝導特性 / p64 (0070.jp2)
  27. 第1節 緒言 / p64 (0070.jp2)
  28. 第2節 実験方法 / p64 (0070.jp2)
  29. 2.1 試料調製の方法 / p64 (0070.jp2)
  30. 2.2 昇温脱離(TPD)法 / p66 (0072.jp2)
  31. 2.3 昇温酸化(TPO)法 / p69 (0075.jp2)
  32. 第3節 酸素含量と超伝導特性 / p69 (0075.jp2)
  33. 3.1 酸素収脱着挙動 / p69 (0075.jp2)
  34. 3.2 酸素含量と超伝導特性 / p72 (0078.jp2)
  35. 第4節 本章のまとめ / p80 (0086.jp2)
  36. 参考文献 / p81 (0087.jp2)
  37. 第4章 2212相の酸素含量と超伝導特性 / p82 (0088.jp2)
  38. 第1節 緒言 / p82 (0088.jp2)
  39. 第2節 実験方法 / p83 (0089.jp2)
  40. 2.1 試料調製 / p83 (0089.jp2)
  41. 2.2 化学分析法 / p83 (0089.jp2)
  42. 2.3 ゼーベック係数の測定 / p84 (0090.jp2)
  43. 第3節 Pb添加効果 / p84 (0090.jp2)
  44. 3.1 試料のキャラクタリゼーション / p84 (0090.jp2)
  45. 3.2 酸素収脱着挙動 / p86 (0092.jp2)
  46. 3.3 超伝導特性 / p89 (0095.jp2)
  47. 3.4 結晶構造と酸素含量の相関 / p91 (0097.jp2)
  48. 3.5 酸素含量と超伝導特性との相関 / p91 (0097.jp2)
  49. 第4節 2212相におけるSr/Ca組成比の影響 / p96 (0102.jp2)
  50. 4.1 試料のキャラクタリゼーション / p96 (0102.jp2)
  51. 4.2 超伝導特性に及ぼすSr/Ca組成比の効果 / p99 (0105.jp2)
  52. 4.3 超伝導特性に及ぼす酸素含量とゼーベック係数の相関 / p107 (0113.jp2)
  53. 第5節 本章のまとめ / p113 (0119.jp2)
  54. 参考文献 / p115 (0121.jp2)
  55. 第5章 超伝導特性と変調構造および酸素含量との相関 / p117 (0123.jp2)
  56. 第1節 緒言 / p117 (0123.jp2)
  57. 第2節 実験方法 / p118 (0124.jp2)
  58. 2.1 試料調製 / p118 (0124.jp2)
  59. 2.2 変調構造の測定 / p118 (0124.jp2)
  60. 第3節 変調構造と酸素含量 / p118 (0124.jp2)
  61. 3.1 Pb添加系2223相と2212相 / p118 (0124.jp2)
  62. 3.2 Pb無添力2212相 / p126 (0132.jp2)
  63. 第4節 酸素含量と変調構造および超伝導特性との相関 / p129 (0135.jp2)
  64. 第5節 本章のまとめ / p131 (0137.jp2)
  65. 参考文献 / p133 (0139.jp2)
  66. 第6章 総括 / p136 (0142.jp2)
  67. 謝辞 / p140 (0146.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000093317
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000093543
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000257631
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ