含フッ素テトラアリールホウ酸イオンによって疎水性溶媒中に可溶化されたアルカリ金属イオンの反応性の研究

この論文をさがす

著者

    • 苑田, 晃成 ソノダ, アキナリ

書誌事項

タイトル

含フッ素テトラアリールホウ酸イオンによって疎水性溶媒中に可溶化されたアルカリ金属イオンの反応性の研究

著者名

苑田, 晃成

著者別名

ソノダ, アキナリ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3146号

学位授与年月日

1993-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 参考文献 / p5 (0010.jp2)
  4. 第1章 かさ高い脂溶性アニオン種の合成 / p7 (0012.jp2)
  5. 1-1 はじめに / p7 (0012.jp2)
  6. 1-2 Grignard反応段階の条件検討 / p9 (0014.jp2)
  7. 1-3 含フッ素テトラアリールホウ酸イオンの合成 / p13 (0018.jp2)
  8. 1-4 含フッ素テトラアリールホウ酸イオンの化学的安定性 / p16 (0021.jp2)
  9. 1-5 含フッ素テトラアリールホウ酸イオンの溶解度 / p19 (0024.jp2)
  10. 1-6 実験 / p21 (0026.jp2)
  11. 1-7 まとめ / p41 (0046.jp2)
  12. 参考文献 / p42 (0047.jp2)
  13. 第2章 アゾ化スピロピランの合成 / p43 (0048.jp2)
  14. 2-1 はじめに / p43 (0048.jp2)
  15. 2-2 スピロピランとアレーンジアゾニウム塩のカップリング反応 / p45 (0050.jp2)
  16. 2-3 アリールアゾ置換サリチルアルデヒドからスピロピランの合成 / p47 (0052.jp2)
  17. 2-4 ¹H₋及び¹³C₋NMRスペクトルの帰属決定 / p49 (0054.jp2)
  18. 2-5 実験 / p56 (0061.jp2)
  19. 2-6 まとめ / p74 (0079.jp2)
  20. 参考文献 / p75 (0080.jp2)
  21. 第3章 アゾ色素の吸収スペクトルに及ぼすアルカリ金属ホウ酸塩の効果 / p77 (0082.jp2)
  22. 3-1 はじめに / p77 (0082.jp2)
  23. 3-2 アルカリ金属ホウ酸塩によるアゾベンゼン色素のハロクロミズム / p81 (0086.jp2)
  24. 3-3 アゾベンゼン色素のクロモトロピズムに対する置換基効果 / p86 (0091.jp2)
  25. 3-4 アゾベンゼン色素のハロクロミズムに及ぼす溶媒効果 / p91 (0096.jp2)
  26. 3-5 実験 / p94 (0099.jp2)
  27. 3-6 まとめ / p98 (0103.jp2)
  28. 参考文献 / p100 (0105.jp2)
  29. 第4章 疎水性溶媒中におけるベタイン色素の吸収スペクトルに及ぼすアルカリ金属ホウ酸塩の効果 / p101 (0106.jp2)
  30. 4-1 はじめに / p101 (0106.jp2)
  31. 4-2 ジクロロメタン中でのベタイン色素のハロクロミズム / p105 (0110.jp2)
  32. 4-3 ベタイン色素のハロクロミズムに及ぼすアルカリ金属イオンの効果 / p110 (0115.jp2)
  33. 4-4 ベタイン色素のハロクロミズムに及ぼす溶媒効果 / p113 (0118.jp2)
  34. 4-5 実験 / p115 (0120.jp2)
  35. 4-6 まとめ / p119 (0124.jp2)
  36. 参考文献 / p120 (0125.jp2)
  37. 第5章 疎水性溶媒中のスピロピラン型色素の吸収スペクトルに及ぼすアルカリ金属ホウ酸塩の効果 / p121 (0126.jp2)
  38. 5-1 はじめに / p121 (0126.jp2)
  39. 5-2 アルカリ金属イオンによるスピロ環の開裂 / p124 (0129.jp2)
  40. 5-3 スピロピラン体からメロシアニン体への互変異性化反応における溶媒中の水分の効果 / p130 (0135.jp2)
  41. 5-4 トルエン中、脂溶性テトラアリールホウ酸塩添加によるメロシアニン体からスピロピラン体への熱緩和速度 / p134 (0139.jp2)
  42. 5-5 実験 / p140 (0145.jp2)
  43. 5-6 まとめ / p143 (0148.jp2)
  44. 参考文献 / p144 (0149.jp2)
  45. 第6章 疎水性溶媒中に可溶化されたアルカリ金属イオンによるトリチルカチオンの発生 / p145 (0150.jp2)
  46. 6-1 はじめに / p145 (0150.jp2)
  47. 6-2 アルカリ金属ホウ酸塩によるトリチルカチオンの発生 / p146 (0151.jp2)
  48. 6-3 実験 / p149 (0154.jp2)
  49. 参考文献 / p151 (0156.jp2)
  50. 第7章 アルカリ金属ホウ酸塩を触媒に用いた炭素一炭素結合形成反応 / p152 (0157.jp2)
  51. 7-1 はじめに / p152 (0157.jp2)
  52. 7-2 アセタールとアリルシランの反応 / p153 (0158.jp2)
  53. 7-3 触媒サイクル / p155 (0160.jp2)
  54. 7-4 実験 / p157 (0162.jp2)
  55. 7-5 まとめ / p158 (0163.jp2)
  56. 参考文献 / p159 (0164.jp2)
  57. 結論 / p160 (0165.jp2)
  58. 謝辞 / p163 (0168.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000093320
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000093546
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000257634
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ