高分子膜型界面活性剤電極の開発とその応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 正留, 隆 マサドメ, タカシ

書誌事項

タイトル

高分子膜型界面活性剤電極の開発とその応用に関する研究

著者名

正留, 隆

著者別名

マサドメ, タカシ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5357号

学位授与年月日

1993-02-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1節 研究の背景 / p1 (0005.jp2)
  4. 第2節 研究の目的と本論文の構成 / p10 (0014.jp2)
  5. 文献 / p13 (0017.jp2)
  6. 第2章 可塑化ポリ塩化ビニル(PVC)膜型界面活性剤電極の開発 / p17 (0021.jp2)
  7. 文献 / p30 (0034.jp2)
  8. 第3章 可塑化PVC膜型電極のイオン性界面活性剤に対する応答機構の検討 / p33 (0037.jp2)
  9. 文献 / p55 (0059.jp2)
  10. 第4章 可塑化PVC膜型界面活性剤電極の陰イオン性界面活性剤の流れ分析への応用 / p58 (0062.jp2)
  11. 文献 / p68 (0072.jp2)
  12. 第5章 可塑化PVC膜型界面活性剤電極の陽イオン性界面活性剤の流れ分析への応用 / p69 (0073.jp2)
  13. 文献 / p85 (0089.jp2)
  14. 第6章 可塑化PVC膜型界面活性剤電極の非イオン性界面活性剤の流れ分析への応用 / p87 (0091.jp2)
  15. 第1節 可塑化PVC膜型電極の非イオン性界面活性剤に対する応答性の基礎的検討 / p87 (0091.jp2)
  16. 第2節 非イオン性界面活性剤検出の高感度化とイオン性界面活性剤の妨害の除去の検討 / p98 (0102.jp2)
  17. 文献 / p110 (0114.jp2)
  18. 第7章 総括的結論 / p112 (0116.jp2)
  19. 謝辞 / p116 (0120.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000093381
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000093607
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000257695
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ