マイクロスフェアを利用した新規サスペンション型コントロールリリースシステムの設計に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 岩本, 太郎 イワモト, タロウ

書誌事項

タイトル

マイクロスフェアを利用した新規サスペンション型コントロールリリースシステムの設計に関する研究

著者名

岩本, 太郎

著者別名

イワモト, タロウ

学位授与大学

岐阜薬科大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第180号

学位授与年月日

1992-12-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 マイクロスフェアの粒子径及び形成能の制御法 / p5 (0010.jp2)
  4. 第1節 緒言 / p5 (0010.jp2)
  5. 第2節 粒子径制御法の開発のアプローチ / p6 (0011.jp2)
  6. 第3節 マイクロスフェア化と粒子径の決定因子 / p9 (0014.jp2)
  7. 第1項 薬物-ポリマー間の静電的相互作用 / p9 (0014.jp2)
  8. 第2項 薬物及びポリマーとエタノールとの相互作用 / p11 (0016.jp2)
  9. 第3項 マイクロスフェア化と粒子径の制御因子 / p13 (0018.jp2)
  10. 第4節 粒子径による薬物放出速度の制御 / p14 (0019.jp2)
  11. 第5節 小括 / p17 (0022.jp2)
  12. 第2章 マイクロスフェアの粒子径及び形成能の制御機構の解析 / p18 (0023.jp2)
  13. 第1節 緒言 / p18 (0023.jp2)
  14. 第2節 薬物-溶媒分子間相互作用がマイクロスフェア生成機構に及ぼす影響 / p19 (0024.jp2)
  15. 第1項 ケトプロフェンのマイクロスフェア化 / p19 (0024.jp2)
  16. 第2項 マイクロスフェアの生成能とエタノール拡散速度に及ぼすイブプロフェン及びケトプロフェンの影響 / p21 (0026.jp2)
  17. 第3項 溶解度パラメーターによる薬物-エタノール分子間相互作用の解析 / p22 (0027.jp2)
  18. 第4項 薬物-エタノール分子間水素結合 / p23 (0028.jp2)
  19. 第3節 薬物-添加剤分子間相互作用がマイクロスフェア生成機構に及ぼす影響 / p26 (0031.jp2)
  20. 第1項 系内に添加した蔗糖脂肪酸エステルのマイクロスフェア化機構に及ぼす影響 / p26 (0031.jp2)
  21. 第2項 エタノール拡散制御剤としての蔗糖脂肪酸エステル / p30 (0035.jp2)
  22. 第3項 マイクロスフェア生成過程モデル / p32 (0037.jp2)
  23. 第4節 小括 / p34 (0039.jp2)
  24. 第3章 マイクロスフェアを用いたサスペンションの分散安定化制御法 / p36 (0041.jp2)
  25. 第1節 緒言 / p36 (0041.jp2)
  26. 第2節 分散安定化制御法の開発のアプローチ / p37 (0042.jp2)
  27. 第1項 サスペンションの分散安定化に及ぼす多価アルコールの影響 / p37 (0042.jp2)
  28. 第2項 サスペンションの分散安定化に及ぼすCMCの影響 / p38 (0043.jp2)
  29. 第3項 サスペンションの安定化条件 / p39 (0044.jp2)
  30. 第3節 分散安定化による薬物放出特性への影響 / p40 (0045.jp2)
  31. 第4節 サスペンションの物理化学的特性 / p41 (0046.jp2)
  32. 第1項 粘性特性 / p41 (0046.jp2)
  33. 第2項 表面電位(ゼータ電位) / p42 (0047.jp2)
  34. 第3項 CMCの吸着と分散安定化 / p44 (0049.jp2)
  35. 第5節 マイクロスフェアの分散安定化機構 / p47 (0052.jp2)
  36. 第6節 小括 / p49 (0054.jp2)
  37. 第4章 マルチユニット剤形としての速放性マイクロスフェアサスペンションの設計 / p51 (0056.jp2)
  38. 第1節 緒言 / p51 (0056.jp2)
  39. 第2節 速放性マイクロスフェアサスペンションの薬物放出特性 / p52 (0057.jp2)
  40. 第3節 生物学的利用能とその個体間変動の解析 / p54 (0059.jp2)
  41. 第4節 小括 / p58 (0063.jp2)
  42. 第5章 持続型製剤としての徐放性マイクロスフェアサスペンションの設計 / p59 (0064.jp2)
  43. 第1節 緒言 / p59 (0064.jp2)
  44. 第2節 In-vitroにおける薬物放出特性の制御 / p60 (0065.jp2)
  45. 第3節 生物学的利用能とその持続化機構の解析 / p62 (0067.jp2)
  46. 第1項 単回投与による薬物吸収特性の解析とその決定因子 / p62 (0067.jp2)
  47. 第2項 多回投与による薬物血中濃度持続化の解析 / p65 (0070.jp2)
  48. 第4節 血中濃度持続化機構の解析 / p66 (0071.jp2)
  49. 第5節 小括 / p68 (0073.jp2)
  50. 第6章 総括及び考察 / p69 (0074.jp2)
  51. 実験の部 / p73 (0078.jp2)
  52. 謝辞 / p79 (0084.jp2)
  53. 引用文献 / p80 (0085.jp2)
  54. Preparation of Controlled-Release Microspheres of Ibuprofen with Acrylic Polymers by a Novel Quasi-Emulsion Solvent Diffusion Method / (0168.jp2)
  55. Preparation of Prolonged-Release Spherical Micro-Matrix of Ibuprofen with Acrylic Polymer by the Emulsion-Solvent Diffusion Method for Improving Bioavailability / p425 (0174.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000093440
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000093666
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000257754
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ