セクレチンの生体膜、人工膜および乳化型油膜の透過性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大脇, 孝行 オオワキ, タカユキ

書誌事項

タイトル

セクレチンの生体膜、人工膜および乳化型油膜の透過性に関する研究

著者名

大脇, 孝行

著者別名

オオワキ, タカユキ

学位授与大学

岐阜薬科大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第182号

学位授与年月日

1993-03-03

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 セクレチンのラットの鼻粘膜透過性 / p4 (0006.jp2)
  4. 第1節 緒言 / p4 (0006.jp2)
  5. 第2節 セクレチンの鼻粘膜透過性に対するpH並びに浸透圧の影響 / p5 (0007.jp2)
  6. 第1項 セクレチンの鼻粘膜透過量の測定方法 / p5 (0007.jp2)
  7. 第2項 セクレチンの鼻粘膜透過性に対するpHの影響 / p7 (0008.jp2)
  8. 第3項 セクレチンの鼻粘膜透過性に対する浸透圧の影響 / p8 (0008.jp2)
  9. 第4項 セクレチンの鼻粘膜透過性に対する浸透圧調節剤の種類の影響 / p9 (0009.jp2)
  10. 第3節 pH並びに浸透圧によるセクレチンの鼻粘膜透過性の変動に対する生体粘膜の構造変化 / p10 (0009.jp2)
  11. 第1項 pHに対する鼻粘膜の前処理後のセクレチンの透過性の変化 / p10 (0009.jp2)
  12. 第2項 pHに対する鼻粘膜の前処理後の組織学的検討 / p11 (0010.jp2)
  13. 第3項 浸透圧に対する鼻粘膜の前処理後のセクレチンの透過性の変化 / p13 (0011.jp2)
  14. 第4項 浸透圧に対する鼻粘膜の前処理後の組織学的検討 / p14 (0011.jp2)
  15. 第4節 小括 / p17 (0013.jp2)
  16. 第2章 セクレチンの人工膜に対する透過性と分配係数の変化 / p18 (0013.jp2)
  17. 第1節 緒言 / p18 (0013.jp2)
  18. 第2節 セクレチンのポリカーボネイト膜透過性に及ぼすpH並びに浸透圧の影響(セクレチン分子サイズの影響) / p18 (0013.jp2)
  19. 第1項 セクレチンのポリカーボネイト膜透過性に及ぼすpHの影響 / p18 (0013.jp2)
  20. 第2項 セクレチンのポリカーボネイト膜透過性に及ぼす浸透圧の影響 / p19 (0014.jp2)
  21. 第3節 セクレチンの分配係数の影響 / p21 (0015.jp2)
  22. 第1項 セクレチンの分配係数に及ぼすpHの影響 / p21 (0015.jp2)
  23. 第2項 セクレチンの分配係数に及ぼす浸透圧の影響 / p21 (0015.jp2)
  24. 第4節 小括 / p22 (0015.jp2)
  25. 第3章 乳化型油膜としての安定性に優れたW/O/W型複合エマルションの調製 / p24 (0016.jp2)
  26. 第1節 緒言 / p24 (0016.jp2)
  27. 第2節 親水性界面活性剤をW/O/W型複合エマルションの内水相に配合することによる薬物の内包率の向上 / p25 (0017.jp2)
  28. 第1項 親水性界面活性剤の臨界ミセル濃度(cmc)の決定 / p25 (0017.jp2)
  29. 第2項 W/O/W型複合エマルションの形態 / p26 (0017.jp2)
  30. 第3項 W/O/W型複合エマルションのマーカーの内包率の評価方法 / p27 (0018.jp2)
  31. 第4項 W/O/W型複合エマルション中への薬物の内包率の評価 / p28 (0018.jp2)
  32. 第3節 内水相に配合した親水性界面活性剤の薬物内包率の向上機構 / p31 (0020.jp2)
  33. 第1項 薬物内包率に及ぼす浸透圧の影響 / p31 (0020.jp2)
  34. 第2項 薬物内包率に及ぼす界面張力の影響 / p32 (0020.jp2)
  35. 第3項 薬物内包率に及ぼす粘度の影響 / p33 (0021.jp2)
  36. 第4節 親水性界面活性剤をW/O/W型複合エマルションの内水相に配合することによるW/O/W型油膜の安定化 / p34 (0021.jp2)
  37. 第1項 Sodium octanesulfonateのW/O/W型複合エマルションの安定性に及ぼす効果 / p34 (0021.jp2)
  38. 第2項 Sodium octanesulfonateのW/O/W型複合エマルションの内水相への水の透過に対する抑制効果 / p36 (0022.jp2)
  39. 第5節 親水性界面活性剤のW/O/W型複合エマルジョンの安定化機構 / p40 (0024.jp2)
  40. 第1項 親水性界面活性剤の添加相の違いによるW/O/W型複合エマルションの安定性への影響 / p40 (0024.jp2)
  41. 第2項 W/O/W型複合エマルションの内外水相間の高浸透圧差下における水の透過に対する抑制効果 / p41 (0025.jp2)
  42. 第6節 小括 / p45 (0027.jp2)
  43. 第4章 W/O/W型複合エマルションからの薬物の放出 / p46 (0027.jp2)
  44. 第1節 緒言 / p46 (0027.jp2)
  45. 第2節 W/O/W型複合エマルションの物性 / p46 (0027.jp2)
  46. 第3節 油膜に分配しない薬物の放出 / p47 (0028.jp2)
  47. 第1項 W/O/W型複合エマルションからの薬物の放出モデル / p47 (0028.jp2)
  48. 第2項 人工膜(ポリカーボネイト膜)の見掛けの透過速度定数の決定 / p49 (0029.jp2)
  49. 第3項 膜透過実験前後におけるW/O/W型複合エマルションの形態変化 / p50 (0029.jp2)
  50. 第4項 New coccineのW/O/W型複合エマルジョンからの放出 / p51 (0030.jp2)
  51. 第4節 薬物の放出に影響を及ぼす因子 / p52 (0030.jp2)
  52. 第1項 NaClを内水相に配合した時のW/O/W型複合エマルションからのNew coccineの放出 / p52 (0030.jp2)
  53. 第2項 Sodium alkylsulfonateを内水相に配合した時のNew coccine の放出に対する浸透圧の影響 / p53 (0031.jp2)
  54. 第5節 小括 / p54 (0031.jp2)
  55. 第5章 W/O/W型複合エマルションからのセクレチンの放出 / p56 (0032.jp2)
  56. 第1節 緒言 / p56 (0032.jp2)
  57. 第2節 W/O/W型複合エマルションの物性 / p57 (0033.jp2)
  58. 第3節 セクレチンのW/O/W型複合エマルションからの放出 / p57 (0033.jp2)
  59. 第1項 W/O/W型複合エマルションからのセクレチンの放出モデル / p57 (0033.jp2)
  60. 第2項 人工膜(ポリカーボネイト膜)の見掛けの透過速度定数の決定 / p59 (0034.jp2)
  61. 第3項 膜透過実験前後におけるW/O/W型複合エマルションの形態変化 / p60 (0034.jp2)
  62. 第4項 セクレチンのW/O/W型複合エマルションからの放出 / p61 (0035.jp2)
  63. 第4節 薬物放出性を支配する因子 / p63 (0036.jp2)
  64. 第1項 NaClを内水相に配合した時のW/O/W型複合エマルションからのセクレチンの放出 / p63 (0036.jp2)
  65. 第2項 エマルションの油相に分配しないNew coccineとの放出性の比較 / p64 (0036.jp2)
  66. 第3項 Sodium alkylsulfonateを内水相に配合した時のセクレチンの放出に対する分配の影響 / p65 (0037.jp2)
  67. 第5節 小括 / p65 (0037.jp2)
  68. 第6章 総括及び考察 / p67 (0038.jp2)
  69. 実験の部 / p70 (0039.jp2)
  70. 謝辞 / p84 (0046.jp2)
  71. 引用文献 / p85 (0047.jp2)
  72. Crystallization of Excipients in Tablets / p128 (0131.jp2)
  73. Crystallization of theophylline in tablets / p153 (0135.jp2)
  74. Preparation of a novel type of controlled-release carrier and evaluation of drug release from the matrix tablet and its physical properties / p29 (0138.jp2)
  75. テーパー付き流動層の流動特性に及ばす分散板構造の影響 / p4 (0143.jp2)
  76. テーパー付き流動層における造粒とその支配因子 / p891 (0146.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000093442
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000093668
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000257756
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ