Significance of Arg-107 and Glu-108 in the catalytic mechanism of human γ-glutamyl transpeptidase : identification by site-directed mutagenesis ヒトγ-グルタミルトランスペプチダーゼの触媒機構における107位アルギニン残基と108位グルタミン酸残基の重要性 : 部位特異的変異法による同定

この論文をさがす

著者

    • 池田, 義孝 イケダ, ヨシタカ

書誌事項

タイトル

Significance of Arg-107 and Glu-108 in the catalytic mechanism of human γ-glutamyl transpeptidase : identification by site-directed mutagenesis

タイトル別名

ヒトγ-グルタミルトランスペプチダーゼの触媒機構における107位アルギニン残基と108位グルタミン酸残基の重要性 : 部位特異的変異法による同定

著者名

池田, 義孝

著者別名

イケダ, ヨシタカ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第4660号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

10609

博士(医学)

1993-03-25

大阪大学

14401甲第04660号

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000093566
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000093792
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000257880
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ