油水分配モデルに基づく新しい疎水性定数の導入とその構造活性相関への応用研究

この論文をさがす

著者

    • 笪, 永忠 タン, ヨンチョン

書誌事項

タイトル

油水分配モデルに基づく新しい疎水性定数の導入とその構造活性相関への応用研究

著者名

笪, 永忠

著者別名

タン, ヨンチョン

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第4763号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

10712

博士(薬学)

1993-03-25

大阪大学

14401甲第04763号

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 序論 / p1 (0003.jp2)
  3. 第一章 油水分配の熱化学側面の考察と新しい疎水性パラメータの導入 / p4 (0005.jp2)
  4. 第一節 脂肪族アルコール類の分配特性の測定とその特徴 / p4 (0005.jp2)
  5. 第二節 疎水性パラメータ[数式]、[数式]および[数式]、[数式]の定義と導入 / p7 (0006.jp2)
  6. 第三節 分配特性の実験的評価について / p9 (0007.jp2)
  7. 第二章 安息香酸誘導体の分配特性の評価とQSAR解析 / p11 (0008.jp2)
  8. 第一節 安息香酸誘導体の分配特性 / p11 (0008.jp2)
  9. 第二節 パラメータとしての[数式]と[数式]の性質 / p13 (0009.jp2)
  10. 第三節 π、[数式]および[数式]を用いた安息香酸誘導体のQSAR / p13 (0009.jp2)
  11. 第三章 脂肪族アルコールの分配特性の評価とQSAR解析 / p25 (0015.jp2)
  12. 第一節 疎水性パラメータlogP、[数式]および[数式]の特徴 / p25 (0015.jp2)
  13. 第二節 logP、[数式]および[数式]を用いたアルコールのQSAR解析 / p26 (0016.jp2)
  14. 第三節 αに関する考察 / p36 (0021.jp2)
  15. 第四章 ベンジルジメチルアルキルアンモニウム塩の分配特性の評価とQSAR解析 / p40 (0023.jp2)
  16. 第一節 Benzyldimethylalkylammonium Chloridesの分配特性 logP、[数式]および[数式]の値とその特徴 / p41 (0023.jp2)
  17. 第二節 logP、[数式]および[数式]による四級アンモニウム塩のQSAR解析 / p44 (0025.jp2)
  18. 第五章 ミセル/水系における分配特性の測定及び1-オクタノール/水系との比較 / p52 (0029.jp2)
  19. 第一節 NMR緩和時間法によるミセル/水系におけるバルビツール酸誘導体の分配係数の測定 / p53 (0029.jp2)
  20. 第二節 [数式]によるバルビツール酸誘導体のQSAR解析および[数式]、[数式]、[数式]による解析結果との比較 / p55 (0030.jp2)
  21. 第六章 リポソーム/水系における溶質の分配特性 / p58 (0032.jp2)
  22. 第一節 生体膜モデルとしてのリポソーム / p58 (0032.jp2)
  23. 第二節 リポソーム/水系における溶質(アルコール)の分配特性 / p59 (0032.jp2)
  24. 第三節 リポソーム/水系におけるアルコールの分配特性のQSARへの応用 / p62 (0034.jp2)
  25. 結論 / p65 (0035.jp2)
  26. 謝辞 / p66 (0036.jp2)
  27. 実験および計算 / p67 (0036.jp2)
  28. 第一章 / p67 (0036.jp2)
  29. 第二章 / p70 (0038.jp2)
  30. 第三章 / p78 (0042.jp2)
  31. 第四章 / p78 (0042.jp2)
  32. 第五章 / p82 (0044.jp2)
  33. 第六章 / p83 (0044.jp2)
  34. 参考文献 / p89 (0047.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000093669
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000093895
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000257983
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ