高圧気液二相流の流動パラメータに関する研究 コウアツ キエキ ニソウリュウ ノ リュウドウ パラメータ ニ カンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 清水, 英男 シミズ, ヒデオ

書誌事項

タイトル

高圧気液二相流の流動パラメータに関する研究

タイトル別名

コウアツ キエキ ニソウリュウ ノ リュウドウ パラメータ ニ カンスル ケンキュウ

著者名

清水, 英男

著者別名

シミズ, ヒデオ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5913号

学位授与年月日

1993-03-02

注記・抄録

博士論文

10542

博士(工学)

1993-03-02

大阪大学

14401乙第05913号

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0013.jp2)
  3. 参考文献 / p6 (0010.jp2)
  4. 第2章 気液二相流に及ぼす模擬スペーサの影響 / p9 (0009.jp2)
  5. 2.1 緒言 / p9 (0009.jp2)
  6. 2.2 実験装置および方法 / p10 (0008.jp2)
  7. 2.3 液体ホールドアップの測定方法 / p13 (0013.jp2)
  8. 2.4 最小液膜厚さに与える流動障害物の有無ならびに種類の影響 / p14 (0014.jp2)
  9. 2.5 ドレーニジ下の薄膜化機構 / p20 (0017.jp2)
  10. 2.6 結言 / p26 (0020.jp2)
  11. 参考文献 / p27 (0020.jp2)
  12. 第3章 高圧管内静止液体中の単一気体スラグの流動特性 / p29 (0021.jp2)
  13. 3.1 緒言 / p29 (0021.jp2)
  14. 3.2 実験装置および方法 / p31 (0022.jp2)
  15. 3.3 単一気体スラグの写真観察、上昇速度、気体スラグ周りの液膜の挙動および気体スラグに後続する小気ほう群 / p33 (0023.jp2)
  16. 3.4 結言 / p49 (0031.jp2)
  17. 参考文献 / p50 (0032.jp2)
  18. 第4章 液体塊速度 / p53 (0033.jp2)
  19. 4.1 緒言 / p53 (0033.jp2)
  20. 4.2 垂直上昇流 / p56 (0035.jp2)
  21. 4.3 水平流 / p71 (0042.jp2)
  22. 4.4 結言 / p88 (0051.jp2)
  23. 参考文献 / p90 (0052.jp2)
  24. 第5章 プラグ流における流動パラメータ / p93 (0053.jp2)
  25. 5.1 緒言 / p93 (0053.jp2)
  26. 5.2 流動パラメータの解析方法 / p94 (0054.jp2)
  27. 5.3 垂直上昇流 / p96 (0055.jp2)
  28. 5.4 水平流 / p108 (0061.jp2)
  29. 5.5 結言 / p126 (0070.jp2)
  30. 参考文献 / p128 (0071.jp2)
  31. 第6章 結論 / p131 (0072.jp2)
  32. 参考文献 / p135 (0074.jp2)
  33. 謝辞 / p137 (0075.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000093804
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094030
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000258118
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ