Prolog処理系の実現方式に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 硴崎, 賢一 カキザキ, ケンイチ

書誌事項

タイトル

Prolog処理系の実現方式に関する研究

著者名

硴崎, 賢一

著者別名

カキザキ, ケンイチ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5939号

学位授与年月日

1993-03-16

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p5 (0005.jp2)
  2. 内容梗概 / p1 (0003.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0011.jp2)
  4. 1.1 研究の背景 / p1 (0011.jp2)
  5. 1.2 PROLOG言語 / p2 (0012.jp2)
  6. 1.3 PROLOG処理系の実現手法 / p4 (0013.jp2)
  7. 1.4 研究の方向性 / p6 (0014.jp2)
  8. 1.5 論文の構成 / p11 (0016.jp2)
  9. 第2章 PROLOG処理系 / p13 (0017.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p13 (0017.jp2)
  11. 2.2 PROLOGコンパイラ / p14 (0018.jp2)
  12. 2.3 PROLOGインタプリタ / p39 (0030.jp2)
  13. 2.4 ハードウェア / p42 (0032.jp2)
  14. 2.5 結言 / p51 (0036.jp2)
  15. 第3章 PROLOGコンパイラ / p53 (0037.jp2)
  16. 3.1 緒言 / p53 (0037.jp2)
  17. 3.2 抽象マシン命令の特殊化と複合化 / p54 (0038.jp2)
  18. 3.3 単一化処理の最適化 / p61 (0041.jp2)
  19. 3.4 最適化の強化 / p72 (0047.jp2)
  20. 3.5 非決定性処理の最適化 / p76 (0049.jp2)
  21. 3.6 評価と考察 / p88 (0055.jp2)
  22. 3.7 結言 / p96 (0059.jp2)
  23. 第4章 PROLOGインタプリタ / p99 (0060.jp2)
  24. 4.1 緒言 / p99 (0060.jp2)
  25. 4.2 設計方針 / p100 (0061.jp2)
  26. 4.3 最適化方式 / p105 (0063.jp2)
  27. 4.4 評価と考察 / p121 (0071.jp2)
  28. 4.5 結言 / p129 (0075.jp2)
  29. 第5章 動的CDRコーディング / p131 (0076.jp2)
  30. 5.1 緒言 / p131 (0076.jp2)
  31. 5.2 CDRコーディング / p132 (0077.jp2)
  32. 5.3 動的CDRコーディングの処理方式 / p136 (0079.jp2)
  33. 5.4 評価と考察 / p150 (0086.jp2)
  34. 5.5 結言 / p160 (0091.jp2)
  35. 第6章 PROLOGの表現能力の拡張 / p161 (0091.jp2)
  36. 6.1 緒言 / p161 (0091.jp2)
  37. 6.2 受動的制約 / p162 (0092.jp2)
  38. 6.3 言語化様 / p163 (0092.jp2)
  39. 6.4 制約実現手法 / p165 (0093.jp2)
  40. 6.5 評価と考察 / p176 (0099.jp2)
  41. 6.6 結言 / p185 (0103.jp2)
  42. 第7章 結論 / p187 (0104.jp2)
  43. 謝辞 / p191 (0106.jp2)
  44. 関連発表論文 / p193 (0107.jp2)
  45. 論文誌 / p193 (0107.jp2)
  46. 研究会 / p194 (0108.jp2)
  47. 参考文献 / p195 (0108.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000093830
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094056
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000258144
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ