高圧力一重項酸素発生器の開発及び化学レーザーへの応用

この論文をさがす

著者

    • 遠藤, 雅守 エンドウ, マサモリ

書誌事項

タイトル

高圧力一重項酸素発生器の開発及び化学レーザーへの応用

著者名

遠藤, 雅守

著者別名

エンドウ, マサモリ

学位授与大学

慶應義塾大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1205号

学位授与年月日

1993-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p4 (0008.jp2)
  3. 1 序論 / p1 (0013.jp2)
  4. 1.1 化学レーザー / p1 (0013.jp2)
  5. 1.2 光解離沃素レーザー / p3 (0015.jp2)
  6. 1.3 化学励起酸素-沃素レーザー / p4 (0016.jp2)
  7. 1.4 化学励起酸素-沃素レーザーのパルス動作 / p5 (0017.jp2)
  8. 1.5 高圧力一重項酸素発生器 / p6 (0018.jp2)
  9. 1.6 本研究の目的 / p7 (0019.jp2)
  10. 参考文献 / p9 (0021.jp2)
  11. 2 一重項励起酸素及び一重項酸素発生器 / p12 (0024.jp2)
  12. 2.1 はじめに / p12 (0024.jp2)
  13. 2.2 一重項酸素について / p13 (0025.jp2)
  14. 2.3 一重項酸素の動力学 / p14 (0026.jp2)
  15. 2.4 一重項酸素発生の諸方式 / p21 (0033.jp2)
  16. 2.5 H₂O₂-Cl₂反応系による一重項酸素発生 / p25 (0037.jp2)
  17. 2.6 まとめ / p28 (0040.jp2)
  18. 参考文献 / p36 (0048.jp2)
  19. 3 高圧力一重項酸素発生器の開発 / p39 (0051.jp2)
  20. 3.1 はじめに / p39 (0051.jp2)
  21. 3.2 高圧力一重項酸素発生器の基本概念 / p39 (0051.jp2)
  22. 3.3 ポーラスパイプ型高圧力一重項酸素発生器 / p42 (0054.jp2)
  23. 3.4 高圧力一重項酸素発生器の特性測定とそれらの測定法 / p44 (0056.jp2)
  24. 3.5 ポーラスパイプ型高圧力パルス一重項酸素発生器の動作特性 / p49 (0061.jp2)
  25. 3.6 高圧力一重項酸素発生器の計算機モデルの構築 / p53 (0065.jp2)
  26. 3.7 まとめ / p57 (0069.jp2)
  27. 参考文献 / p78 (0090.jp2)
  28. 4 パルス型化学励起酸素-沃素レーザー / p79 (0091.jp2)
  29. 4.1 はじめに / p79 (0091.jp2)
  30. 4.2 疑似CWエネルギー取り出し法 / p80 (0092.jp2)
  31. 4.3 パルス型化学励起酸素-沃素レーザーの開発 / p85 (0097.jp2)
  32. 4.4 数値計算モデルの開発 / p88 (0100.jp2)
  33. 4.5 100kJ級パルス型化学励起酸素-沃素レーザー増幅器の概念設計 / p92 (0104.jp2)
  34. 4.6 モデル計算の結果 / p98 (0110.jp2)
  35. 4.7 マルチパス増幅の実現について / p103 (0115.jp2)
  36. 4.8 まとめ / p104 (0116.jp2)
  37. 参考文献 / p128 (0140.jp2)
  38. 5 一重項酸素レーザー / p130 (0142.jp2)
  39. 5.1 はじめに / p130 (0142.jp2)
  40. 5.2 一重項酸素レーザーの理論 / p131 (0143.jp2)
  41. 5.3 一重項酸素レーザーのモデルの開発 / p134 (0146.jp2)
  42. 5.4 計算結果 / p137 (0149.jp2)
  43. 5.5 実験 / p140 (0152.jp2)
  44. 5.6 まとめ / p143 (0155.jp2)
  45. 参考文献 / p158 (0170.jp2)
  46. 6 赤色光の分光と応用の可能性について / p159 (0171.jp2)
  47. 6.1 背景 / p159 (0171.jp2)
  48. 6.2 赤色光発見までの経過 / p160 (0172.jp2)
  49. 6.3 実験 / p161 (0173.jp2)
  50. 6.4 検討及び考察 / p164 (0176.jp2)
  51. 6.5 レーザー発振実現の可能性について / p168 (0180.jp2)
  52. 6.6 まとめ / p170 (0182.jp2)
  53. 参考文献 / p179 (0191.jp2)
  54. 7 結論 / p181 (0193.jp2)
  55. 謝辞 / p185 (0197.jp2)
  56. Appendix / p186 (0198.jp2)
  57. A O₂(a¹△g)圧力の測定原理 / p186 (0198.jp2)
  58. B ガス分析測定の原理と方法 / p190 (0202.jp2)
  59. B.1 装置各部の名称 / p190 (0202.jp2)
  60. B.2 実験操作 / p190 (0202.jp2)
  61. B.3 データ解析 / p191 (0203.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000093861
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094087
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000258175
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ