LMSアルゴリズムおよび学習同定法の収束特性の改善

この論文をさがす

著者

    • 高橋, 潔 タカハシ, キヨシ

書誌事項

タイトル

LMSアルゴリズムおよび学習同定法の収束特性の改善

著者名

高橋, 潔

著者別名

タカハシ, キヨシ

学位授与大学

慶應義塾大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1210号

学位授与年月日

1993-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p3 (0007.jp2)
  3. 第1章 序章 / p5 (0009.jp2)
  4. 1-1 適応アルゴリズムの歴史 / p6 (0010.jp2)
  5. 1-2 適応フィルタと適応アルゴリズム / p11 (0015.jp2)
  6. 1.3 本研究の位置づけ / p25 (0029.jp2)
  7. 第2章 LMSアルゴリズムにおける収束特性の改善 / p31 (0035.jp2)
  8. 2-1 まえがき / p32 (0036.jp2)
  9. 2-2 従来のLMSアルゴリズム / p33 (0037.jp2)
  10. 2-3 提案するLMSアルゴリズム / p34 (0038.jp2)
  11. 2-4 数値シミュレーション / p40 (0044.jp2)
  12. 2-5 第2章のまとめ / p47 (0051.jp2)
  13. 第3章 学習同定法における符号法の収束特性の改善 / p49 (0053.jp2)
  14. 3-1 まえがき / p50 (0054.jp2)
  15. 3-2 従来の適応アルゴリズムと符号法 / p50 (0054.jp2)
  16. 3-3 提案する係数更新方法 / p52 (0056.jp2)
  17. 3-4 数値シミュレーション / p60 (0064.jp2)
  18. 3-5 第3章のまとめ / p65 (0069.jp2)
  19. 第4章 収束遅延を改善するための観測雑音の推測方法と可変ステップアルゴリズム / p68 (0072.jp2)
  20. 4-1 まえがき / p69 (0073.jp2)
  21. 4-2 学習同定法とステップサイズの最適制御式 / p70 (0074.jp2)
  22. 4-3 観測雑音の分散の推定方法と可変ステップアルゴリズムの提案 / p73 (0077.jp2)
  23. 4-4 数値シミュレーション / p80 (0084.jp2)
  24. 4-5 第4章のまとめ / p89 (0093.jp2)
  25. 第5章 結論 / p92 (0096.jp2)
  26. 謝辞 / p94 (0098.jp2)
  27. 発表論文一覧 / p95 (0099.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000093866
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094092
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000258180
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ