フレキシブル能動電極列の開発とその応用による表面活動電位の解析

この論文をさがす

著者

    • 西村, 涼 ニシムラ, スズシ

書誌事項

タイトル

フレキシブル能動電極列の開発とその応用による表面活動電位の解析

著者名

西村, 涼

著者別名

ニシムラ, スズシ

学位授与大学

慶應義塾大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1227号

学位授与年月日

1993-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0007.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0010.jp2)
  4. 1.1 緒言 / p1 (0010.jp2)
  5. 1.2 表面活動電位とその測定の意義 / p2 (0011.jp2)
  6. 1.3 本研究の目的と意義 / p7 (0016.jp2)
  7. 1.4 本論文で用いる専門用語 / p9 (0018.jp2)
  8. 第2章 電極の能動化による表面活動電位測定の非侵襲化と簡便化 / p13 (0022.jp2)
  9. 2.1 緒言 / p13 (0022.jp2)
  10. 2.2 活動電位測定における従来法の問題点 / p14 (0023.jp2)
  11. 2.3 演算増幅器を利用した能動電極の製作 / p23 (0032.jp2)
  12. 2.4 体表面活動電位の測定例 / p32 (0041.jp2)
  13. 2.5 リード線の揺動による影響 / p34 (0043.jp2)
  14. 2.6 増幅機能を持つ能動電極 / p41 (0050.jp2)
  15. 2.7 検討 / p46 (0055.jp2)
  16. 2.8 まとめ / p49 (0058.jp2)
  17. 第3章 体表面活動電位分布の測定 / p51 (0060.jp2)
  18. 3.1 緒言 / p51 (0060.jp2)
  19. 3.2 筋活動に対する運動単位の寄与 / p52 (0061.jp2)
  20. 3.3 体表面活動電位の空間分布測定の重要性 / p52 (0061.jp2)
  21. 3.4 従来の電極列の問題点を克服した能動電極列の実現とその可撓化 / p64 (0073.jp2)
  22. 3.5 多チャンネル筋電図による神経支配帯の分布と筋線維伝導速度の推定 / p70 (0079.jp2)
  23. 3.6 単一運動単位の神経筋接合部位の推定のためのF波の利用 / p72 (0081.jp2)
  24. 3.7 神経伝導速度検査への応用 / p76 (0085.jp2)
  25. 3.8 検討 / p80 (0089.jp2)
  26. 3.9 まとめ / p81 (0090.jp2)
  27. 第4章 体表面活動電位からの線維近傍活動電位の推定 / p83 (0092.jp2)
  28. 4.1 緒言 / p83 (0092.jp2)
  29. 4.2 筋電図逆問題の定式化 / p84 (0093.jp2)
  30. 4.3 一般逆行列による最小ノルム解 / p88 (0097.jp2)
  31. 4.4 最適正則化法を用いた微小特異値の打ち切りによる解の安定化 / p90 (0099.jp2)
  32. 4.5 シミュレーション例 / p94 (0103.jp2)
  33. 4.6 尺骨神経の活動電位分布の推定 / p100 (0109.jp2)
  34. 4.7 検討 / p102 (0111.jp2)
  35. 4.8 まとめ / p107 (0116.jp2)
  36. 第5章 総括 / p109 (0118.jp2)
  37. 謝辞 / p115 (0124.jp2)
  38. 参考文献 / p116 (0125.jp2)
  39. 著者の寄与による発表論文ならびに学会講演 / p127 (0136.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000093883
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094109
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000258197
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ