Significance of int-2/hst-1 coamplification as a prognostic factor in patients with esophageal squamous carcinoma 食道扁平上皮癌における癌遺伝子int-2/hst-1同時増幅の予後因子としての有用性

この論文をさがす

著者

    • 北川, 雄光 キタガワ, ユウコウ

書誌事項

タイトル

Significance of int-2/hst-1 coamplification as a prognostic factor in patients with esophageal squamous carcinoma

タイトル別名

食道扁平上皮癌における癌遺伝子int-2/hst-1同時増幅の予後因子としての有用性

著者名

北川, 雄光

著者別名

キタガワ, ユウコウ

学位授与大学

慶應義塾大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第2534号

学位授与年月日

1992-11-02

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000093899
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094125
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000258213
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ