超対称性理論における自発的なCPの破れ

この論文をさがす

著者

    • 前川, 展祐 マエカワ, ノブヒロ

書誌事項

タイトル

超対称性理論における自発的なCPの破れ

著者名

前川, 展祐

著者別名

マエカワ, ノブヒロ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第5263号

学位授与年月日

1993-03-23

注記・抄録

博士論文

本文データは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルを基にpdf変換したものである

新制・課程博士

甲第5263号

理博第1437号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p3 (0005.jp2)
  3. 1 序論 / p5 (0006.jp2)
  4. 2 標準模型を超える理論 / p8 (0007.jp2)
  5. 2.1 標準模型の不満足な点 / p8 (0007.jp2)
  6. 2.2 解決1:複合ヒッグズ模型 / p9 (0008.jp2)
  7. 2.3 解決2:超対称性理論 / p9 (0008.jp2)
  8. 3 CPの破れの現状 / p12 (0009.jp2)
  9. 3.1 K中間子の崩壊に関するCPの破れ / p12 (0009.jp2)
  10. 3.2 電気双極子モーメント / p17 (0012.jp2)
  11. 3.3 強いCPの問題 / p18 (0012.jp2)
  12. 3.4 小林一益川行列 / p19 (0013.jp2)
  13. 3.5 複数のヒッグス粒子の場合 / p23 (0015.jp2)
  14. 4 SUSYとCPの破れ / p25 (0016.jp2)
  15. 4.1 超対称性標準模型(MS SM)の場の種類 / p25 (0016.jp2)
  16. 4.2 超対称性標準模型 / p25 (0016.jp2)
  17. 4.3 超対称性理論とFCNC / p26 (0016.jp2)
  18. 4.4 超対称性理論固有のCPの破れ / p28 (0017.jp2)
  19. 4.5 超重力理論とCPの破れ / p31 (0019.jp2)
  20. 5 MS SMと自発的なCPの破れ / p32 (0019.jp2)
  21. 5.1 2ヒッグス二重項と自発的なCPの破れ / p32 (0019.jp2)
  22. 5.2 MS SMのポテンシャル:ツリーの解析 / p34 (0020.jp2)
  23. 5.3 MS SMのポテンシャル:輻射補正 / p35 (0021.jp2)
  24. 5.4 軽いヒッグスの問題 / p37 (0022.jp2)
  25. 5.5 MS SMにおけるCPの自発的な破れの現象論 / p39 (0023.jp2)
  26. 5.6 強いCPの問題について / p40 (0023.jp2)
  27. 6 その他の超対祢性理論と自発的なCPの破れ / p42 (0024.jp2)
  28. 6.1 MS SMにおける自発的なCPの破れの問題点 / p42 (0024.jp2)
  29. 6.2 MS SM+(自発的)R-パリティの破れ / p43 (0025.jp2)
  30. 6.3 MS SM+右巻きニュウトリノ / p44 (0025.jp2)
  31. 6.4 MS SM+一重項 / p44 (0025.jp2)
  32. 7 結論 / p45 (0026.jp2)
  33. 8 謝辞 / p46 (0026.jp2)
  34. APPENDIX A:C,P,T変換 / p47 (0027.jp2)
  35. APPENDIX B:MS SMの繰り込み群方程式 / p49 (0028.jp2)
  36. 参考文献 / p52 (0029.jp2)
  37. 図の説明 / p55 (0031.jp2)
  38. Compositeness condition in the renormalization group equation / p466 (0040.jp2)
  39. On weak isospin violation due to dynamically generated fermion mass / p207 (0043.jp2)
  40. Critical instability in terms of the renormalization-group equation / R2957 / (0047.jp2)
  41. WHY IS TOP HEAVIER THAN BOTTOM? YUKAWA AND MASS UNIFICATION IN SUSY MODEL / p3379 (0050.jp2)
  42. Improving the Effective Potential / p2 (0057.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094026
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094252
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000258340
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ