イオンクロマトグラフィーにおける保持挙動の解析に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 平山, 直紀 ヒラヤマ, ナオキ

書誌事項

タイトル

イオンクロマトグラフィーにおける保持挙動の解析に関する研究

著者名

平山, 直紀

著者別名

ヒラヤマ, ナオキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第5281号

学位授与年月日

1993-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. 第一部 イオンクロマトグラフィーにおける弱解離陰イオンの保持挙動に関する研究 / p4 (0008.jp2)
  5. 1.緒言 / p5 (0008.jp2)
  6. 2.理論 / p6 (0009.jp2)
  7. 2-1 はじめに / p6 (0009.jp2)
  8. 2-2 試料イオンの保持挙動 / p8 (0010.jp2)
  9. 2-3 解離平衡状態にある試料イオンの保持挙動 / p9 (0010.jp2)
  10. 2-4 溶離液pHの保持挙動に与える効果 / p13 (0012.jp2)
  11. 2-5 k'の比を用いることによるイオン交換体膨潤の効果の消去 / p15 (0013.jp2)
  12. 2-6 k'/kʙ'を用いたpKaί,kί'/kʙ'の値の決定 / p16 (0014.jp2)
  13. 2-7 異なる溶離剤イオン濃度におけるk'/kʙ'値の予測 / p17 (0014.jp2)
  14. 3.実験条件 / p19 (0015.jp2)
  15. 3-1 実験装置 / p19 (0015.jp2)
  16. 3-2 溶離液 / p21 (0016.jp2)
  17. 3-3 試料溶液 / p23 (0017.jp2)
  18. 3-4 測定結果の解析 / p23 (0017.jp2)
  19. 4.結果と考察 / p25 (0018.jp2)
  20. 4-1 k'/kʙ'を用いることによるイオン交換体膨潤の効果の消去 / p25 (0018.jp2)
  21. 4-2 k'/kʙ'を用いたpKaί,kί'/kʙ'の値の決定 / p29 (0020.jp2)
  22. 4-3 異なる溶離剤イオン濃度におけるk'/kʙ'値の予測と実際 / p37 (0024.jp2)
  23. 5.結論 / p41 (0026.jp2)
  24. 第二部 イオンクロマトグラフィーにおける置換安息香酸イオンの保持挙動に関する研究 / p44 (0028.jp2)
  25. 1.緒言 / p45 (0028.jp2)
  26. 2.理論 / p46 (0029.jp2)
  27. 2-1 自由エネルギー直線関係(LFER)の理論の保持挙動の解析への導入 / p46 (0029.jp2)
  28. 2-2 溶媒和イオンサイズに起因する立体効果の検討 / p48 (0030.jp2)
  29. 2-3 任意の溶離液条件における保持時間の予測への適用 / p55 (0033.jp2)
  30. 2-4 定数の計算方法 / p56 (0034.jp2)
  31. 2-5 保持時間の予測方法 / p57 (0034.jp2)
  32. 3.実験条件 / p57 (0034.jp2)
  33. 3-1 実験装置 / p57 (0034.jp2)
  34. 3-2 溶離液 / p59 (0035.jp2)
  35. 3-3 試料溶液 / p61 (0036.jp2)
  36. 3-4 測定結果の解析 / p63 (0037.jp2)
  37. 4.結果と考察 / p63 (0037.jp2)
  38. 4-1 立体効果を無視した解析の結果 / p63 (0037.jp2)
  39. 4-2 Xs置換基の選択 / p66 (0039.jp2)
  40. 4-3 定数・インデックスの決定 / p68 (0040.jp2)
  41. 4-4 インデックスの一定性 / p73 (0042.jp2)
  42. 4-5 各インデックスの値から見た立体効果項・位置効果補正項の意味 / p73 (0042.jp2)
  43. 4-6 異なるカラム間のインデックスの比較 / p77 (0044.jp2)
  44. 4-7 保持時間の予測と実際 / p80 (0046.jp2)
  45. 5.応用一置換ナフトエ酸の解離定数の決定 / p85 (0048.jp2)
  46. 5-1 実験条件 / p85 (0048.jp2)
  47. 5-2 結果と考察 / p88 (0050.jp2)
  48. 6.結論 / p92 (0052.jp2)
  49. 結語 / p95 (0053.jp2)
  50. 謝辞 / p97 (0054.jp2)
  51. 参考資料 / p98 (0055.jp2)
  52. NON-SUPPRESSED ION CHROMATOGRAPHY OF ARSENIC ANIONS WITH POTASSIUM HYDROXIDE-AROMATIC SALT MIXED ELUENTS / p323 (0069.jp2)
  53. Non-suppressed ion chromatography of arsenic anions using sodium nitrite solutions as eluents / p415 (0074.jp2)
  54. Separation and determination of organoarsenic compounds with a microbore column and ultraviolet detection / p379 (0079.jp2)
  55. ION CHROMATOGRAPHIC ELUTION BEHAVIOUR AND PREDICTION OF THE RETENTION OF INORGANIC MONOVALENT ANIONS USING A PHOSPHATE ELUENT / p315 (0084.jp2)
  56. Use of β-diketonate anions as eluent in non-suppressed ion chromatography Acetylacetonate eluent for the separation of fluoride and chloride / p257 (0090.jp2)
  57. Elution Behavior of Tungsten and Molybdenum in Ion Chromatography Using Organic Acid Eluents Having α-Hydroxyl Groups / p511 (0096.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094044
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094270
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000258358
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ