αA-クリスタリン遺伝子の発現制御機構に関する分子生物学的研究

この論文をさがす

著者

    • 松尾, 勲 マツオ, イサオ

書誌事項

タイトル

αA-クリスタリン遺伝子の発現制御機構に関する分子生物学的研究

著者名

松尾, 勲

著者別名

マツオ, イサオ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第5303号

学位授与年月日

1993-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 要旨 / p1 (0006.jp2)
  4. 第1章 序論 / p3 (0007.jp2)
  5. 第1節 組織特異的な遺伝子の発現 / p3 (0007.jp2)
  6. a)細胞の分化と遺伝子の発現 / p3 (0007.jp2)
  7. b)転写による遺伝子の発現 / p4 (0007.jp2)
  8. 第2節 水晶体の発生と分化 / p8 (0009.jp2)
  9. a)水晶体の誘導 / p8 (0009.jp2)
  10. b)水晶体上皮細胞から繊維細胞への分化 / p11 (0011.jp2)
  11. c)分化転換 / p13 (0012.jp2)
  12. 第3節 クリスタリンとその発現 / p15 (0013.jp2)
  13. a)クリスタリン / p15 (0013.jp2)
  14. b)クリスタリン遺伝子の発現 / p15 (0013.jp2)
  15. c)クリスタリン遺伝子の発現調節機構 / p16 (0013.jp2)
  16. 第2章 材料と方法 / p19 (0015.jp2)
  17. a)細胞の初代培養 / p19 (0015.jp2)
  18. b)リン酸カルシウム法によるDNAの導入 / p19 (0015.jp2)
  19. c)CATアッセイとβ-galアッセイ / p20 (0015.jp2)
  20. d)核抽出液の調製 / p20 (0015.jp2)
  21. e)ゲル移動度シフト法 / p21 (0016.jp2)
  22. f)トランスジェニックマウスの作成 / p21 (0016.jp2)
  23. g)マウス固体と切片の染色 / p21 (0016.jp2)
  24. 第3章 結果 / p23 (0017.jp2)
  25. 第1節 αA-クリスタリン遺伝子の水晶体特異的な発現制御領域の同定 / p23 (0017.jp2)
  26. a)水晶体細胞に導入したαA-クリスタリン遺伝子の発現 / p23 (0017.jp2)
  27. b)5'側からの段階的欠失変異体を用いた発現調節領域の解析 / p26 (0018.jp2)
  28. c)部位特異的変異体を用いた発現調節領域の解析 / p29 (0020.jp2)
  29. d)-162~-78(84bp)配列は水晶体特異的なエンハンサーとして働く / p31 (0021.jp2)
  30. e)ヘテロなプロモーターに対する84bp配列の働き / p34 (0022.jp2)
  31. 第2節 水晶体細胞特異的に働く2つのシスモチーフαCE1とαCE2の性質 / p35 (0023.jp2)
  32. a)84bp配列の機能単位(エンハンソン)の同定 / p35 (0023.jp2)
  33. b)塩基置換変異による2つのシスモチーフの解析 / p37 (0024.jp2)
  34. c)αCE1とαCE2による組織特異的な発現の制御 / p39 (0025.jp2)
  35. d)2つのモチーフの数及び位置の発現に与える影響 / p41 (0026.jp2)
  36. 第3節 シスモチーフに結合する因子 / p44 (0027.jp2)
  37. a)3つの配列に結合する核内因子の同定 / p44 (0027.jp2)
  38. b)変異モチーフに対するαCEF1及びαCEF2のDNA結合能 / p46 (0028.jp2)
  39. c)αCEF1の結合認識配列 / p48 (0029.jp2)
  40. d)αCEF1の性質の同定と精製 / p53 (0032.jp2)
  41. 第4節 αCE1及びαCE2配列と普遍的に存在する転写活性化因子の結合配列との相互作用機構 / p55 (0033.jp2)
  42. a)協調的活性化を解析する実験系 / p55 (0033.jp2)
  43. b)普遍的に存在している核内因子の同定 / p57 (0034.jp2)
  44. c)αCE1とαCE2配列による水晶体特異的な発現 / p59 (0035.jp2)
  45. d)相互作用はシス配列の距離によらない / p62 (0036.jp2)
  46. e)相互作用はシス配列の数によらない / p64 (0037.jp2)
  47. f)αCE1とαCE2モチーフが水晶体特異的に発現を促進している / p66 (0038.jp2)
  48. g)普遍的に存在する転写活性化因子同士も選択的な発現相互作用を示す / p68 (0039.jp2)
  49. h)水晶体特異的なエンハンサーと普遍的な転写因子との相互作用 / p70 (0040.jp2)
  50. 第5節 トランスジェニックマウスを用いたαCE1とαCE2モチーフの解析 / p73 (0042.jp2)
  51. a)αCE1とαCE2配列は多くのクリスタリン遺伝子の発現調節領域内に保存されている / p73 (0042.jp2)
  52. b)トランスジェニックマウスを用いたニワトリαA-クリスタリン遺伝子の発現解析系 / p73 (0042.jp2)
  53. c)マウスにおけるニワトリαA-クリスタリンプロモーター上流領域(-244~+89)の発現 / p75 (0043.jp2)
  54. d)プロモーター上流-162~+89領域が水晶体細胞特異的に発現する / p79 (0045.jp2)
  55. e)マウスにおけるαCE1とαCE2モチーフの働き / p79 (0045.jp2)
  56. 第4章 考察 / p84 (0047.jp2)
  57. a)水晶体特異的に働くプロモーター上流領域のモジュール構造 / p84 (0047.jp2)
  58. b)核内結合因子と転写活性化 / p86 (0048.jp2)
  59. c)シス配列間の相互作用 / p90 (0050.jp2)
  60. d)普遍的な因子と組織特異的な因子による発現調節 / p93 (0052.jp2)
  61. e)水晶体細胞の分化とクリスタリン遺伝子群の発現制御-αCE1とαCE2による水晶体特異的な発現- / p95 (0053.jp2)
  62. 引用文献 / p99 (0055.jp2)
  63. 謝辞 / p117 (0064.jp2)
  64. IDENTIFICATION OF THE CONTACT SITES OF A FACTOR THAT INTERACTS WITH MOTIF I(αCE1) OF THE CHICKEN αA-CRYSTALLIN LENS-SPECIFIC ENHANCER / p24 (0076.jp2)
  65. The specific combination between αA-crystallin cis-elements and ubiquitous transcription elements exerts lens-specific expression / p1 (0080.jp2)
  66. αA-クリスタン遺伝子の水晶体特異的な発現の制御機構 / (0098.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094066
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094292
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000258380
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ