mRNAスプライシングにおけるスプライス部位選択機構の研究

この論文をさがす

著者

    • 渡我部, 昭哉 ワタカベ, アキヤ

書誌事項

タイトル

mRNAスプライシングにおけるスプライス部位選択機構の研究

著者名

渡我部, 昭哉

著者別名

ワタカベ, アキヤ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第5305号

学位授与年月日

1993-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0003.jp2)
  3. 要旨 / p3 (0004.jp2)
  4. 第1章 序論 / p4 (0005.jp2)
  5. 第1節 スプライシングの基本機構 / p5 (0005.jp2)
  6. a)mRNAスプライシング / p5 (0005.jp2)
  7. b)スプライス部位周辺の保存配列―識別の目印は何か / p5 (0005.jp2)
  8. c)スプライシングの経路―識別から反応まで / p6 (0006.jp2)
  9. d)スプライスソーム形成―スプライシング反応を支える構造 / p8 (0007.jp2)
  10. e)スプライスソーム形成の初期過程―識別から構造ヘ / p11 (0008.jp2)
  11. f)スプライシング因子―識別から反応までを支える役者たち / p12 (0009.jp2)
  12. 第2節 スプライス部位選択機構 / p18 (0012.jp2)
  13. a)高等真核生物におけるエキソン・イントロンの識別 / p18 (0012.jp2)
  14. b-1)選択的スプライシング(alternative splicing) / p19 (0012.jp2)
  15. b-2 選択的スプライシング機構 / p21 (0013.jp2)
  16. c)スプライス部位選択機構について明らかにされたこと / p24 (0015.jp2)
  17. 第3節 研究の背景 / p31 (0018.jp2)
  18. 第2章 材料と方法 / p33 (0019.jp2)
  19. 第3章 結果 / p37 (0021.jp2)
  20. 第1部 IgM遺伝子におけるスプライシング調節 / p37 (0021.jp2)
  21. 第1節 M2エキソンの配列が膜結合型スプライシングに果たす役割 / p37 (0021.jp2)
  22. a)M2エキソン周辺の欠失がIgM mRNA前駆体のプロセシングに及ぼす影響 / p37 (0021.jp2)
  23. b)M2エキソン周辺配列の欠失は、膜結合型スプライシングに影響する / p39 (0022.jp2)
  24. c)M1-M2間のスプライシングがC4-M1間のスプライシングに及ぼす影響 / p41 (0023.jp2)
  25. d)M1-M2結合エキソンの段階的欠失 / p43 (0024.jp2)
  26. e)非リンパ細胞におけるM2配列の働き / p45 (0025.jp2)
  27. 第2節 M2エキソン配列がM1-M2間のスプライシングに及ぼす影響 / p45 (0025.jp2)
  28. 第3節 膜結合型イントロンのスプライシング効率を決める要因 / p48 (0027.jp2)
  29. a)膜結合型イントロンの3'スプライス部位周辺に存在する二次構造の影響 / p48 (0027.jp2)
  30. b)M1エキソン下流の5'スプライス部位配列 / p51 (0028.jp2)
  31. 第2部 スプライシングにおけるエキソン配列の役割 / p55 (0030.jp2)
  32. 第1節 IgM遺伝子M2エキソンの果たす役割 / p55 (0030.jp2)
  33. a)エキソンM1-M2間のスプライシングに必要なエキソン配列 / p55 (0030.jp2)
  34. b)M2エキソン配列は‟スプライシングエンハンサー"として働く / p57 (0031.jp2)
  35. C)M2エキソン配列はスプライスソーム形成を促進する / p60 (0033.jp2)
  36. d)スプライシング活性化はトランス因子の働きによって起こる / p64 (0035.jp2)
  37. e)M2エキソン配列に特異的な複合体形成 / p65 (0035.jp2)
  38. f)M2エキソン配列はU1 snRNPと相互作用する / p68 (0037.jp2)
  39. g)U1 snRNPとの相互作用によるスプライシングの促進 / p70 (0038.jp2)
  40. 第2節 さまざまなスプライシング促進配列 / p72 (0039.jp2)
  41. a)IgM以外の遺伝子のエキソン中に存在するスプライシング促進配列 / p72 (0039.jp2)
  42. b)特定のプリン配列は上流のスプライシングを活性化する / p75 (0040.jp2)
  43. c)ピリミジンによるプリン配列の分断の影響 / p77 (0041.jp2)
  44. d)エキソン配列を用いた競合阻害実験 / p79 (0042.jp2)
  45. e)スプライシング促進配列に特異的な複合体形成 / p79 (0042.jp2)
  46. 第4章 考察 / p83 (0044.jp2)
  47. 第1節 スプライス部位選択におけるエキソンの役割 / p83 (0044.jp2)
  48. a)エキソン認識配列(ERS) / p83 (0044.jp2)
  49. b)エキソン認識 / p84 (0045.jp2)
  50. c)エキソンの変異が及ぼす影響 / p88 (0047.jp2)
  51. d)ERSによるスプライシング促進の機構 / p90 (0048.jp2)
  52. e)残された問題 / p91 (0048.jp2)
  53. 第2節 選択的スプライシング / p93 (0049.jp2)
  54. 謝辞 / p97 (0051.jp2)
  55. 文献 / p98 (0052.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094068
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094294
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000258382
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ