ヒスタミン生合成酵素の構造と活性発現に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山本, 純 ヤマモト, ジュン

書誌事項

タイトル

ヒスタミン生合成酵素の構造と活性発現に関する研究

著者名

山本, 純

著者別名

ヤマモト, ジュン

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第5371号

学位授与年月日

1993-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 緒言 / p1 (0007.jp2)
  4. 第一章 癌化肥満細胞のヒスチジン脱炭酸酵素の遺伝子cDNAクローニングと一次構造解析 / p5 (0009.jp2)
  5. (要約) / p5 (0009.jp2)
  6. (実験結果) / p6 (0009.jp2)
  7. (I)マウスHDCの酵素的断片化と一次構造解析 / p6 (0009.jp2)
  8. (II)PCR法によるHDCの部分cDNAの増幅 / p8 (0010.jp2)
  9. (III)マウスHDCの全長cDNAの単離とタンパクの一次構造の推定 / p12 (0012.jp2)
  10. (IV)マウス癌化肥満細胞のHDCmRNAの分子サイズ / p15 (0014.jp2)
  11. (考察) / p17 (0015.jp2)
  12. 第二章 マウスヒスチジン脱炭酸酵素cDNAの組換え発現と前駆体HDCのプロセシングによる活性体への変換 / p19 (0016.jp2)
  13. (要約) / p19 (0016.jp2)
  14. (実験結果) / p20 (0016.jp2)
  15. (I)リコンビナントバキュロウイルスの作製とその発現 / p20 (0016.jp2)
  16. (II)リコンビナント74kDa HDC分子の発現と細胞内での性状 / p23 (0018.jp2)
  17. (III)リコンビナント74kDa HDC分子の酵素活性の有無 / p28 (0020.jp2)
  18. (IV)74kDa HDCの部分アミノ酸配列 / p34 (0023.jp2)
  19. (V)C末端側領域の欠失したHDC cDNAの作製とその組換え発現 / p35 (0024.jp2)
  20. (VI)合成ペプチド抗体を用いたイムノブロット解析 / p38 (0025.jp2)
  21. (考察) / p41 (0027.jp2)
  22. 結語 / p46 (0029.jp2)
  23. 実験の部 / p47 (0030.jp2)
  24. 謝辞 / p59 (0036.jp2)
  25. 引用文献 / p60 (0036.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094134
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094360
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000258448
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ