腎尿細管刷子縁膜における有機カチオン輸送の分子機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 桂, 敏也 カツラ, トシヤ

書誌事項

タイトル

腎尿細管刷子縁膜における有機カチオン輸送の分子機構に関する研究

著者名

桂, 敏也

著者別名

カツラ, トシヤ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第5377号

学位授与年月日

1993-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 総論の部 / p1 (0006.jp2)
  4. 緖言 / p1 (0006.jp2)
  5. 第I章 刷子縁膜及び側底膜における有機カチオン輸送系の分子特性の比較 / p2 (0007.jp2)
  6. 第1節 Tetraethylammonium 輸送に及ぼす各種化学修飾試薬の影響 / p4 (0008.jp2)
  7. 1-a カルボキシル基修飾試薬の影響 / p5 (0008.jp2)
  8. 1-b アルギニン残基修飾試薬の影響 / p6 (0009.jp2)
  9. 1-c ヒスチジン残基修飾試薬の影響 / p6 (0009.jp2)
  10. 1-d SH 基修飾試薬の影響 / p8 (0010.jp2)
  11. 第2節 有機カチオン輸送系の基質認識性 / p9 (0010.jp2)
  12. 2-a 刷子縁膜における Tetraethylammonium 輸送に対する各種有機カチオンの影響 / p10 (0011.jp2)
  13. 2-b 側底膜における Tetraethylammonium 輸送に対する各種有機カオチンの影響 / p12 (0012.jp2)
  14. 2-c 阻害効果の濃度依存性 / p12 (0012.jp2)
  15. 第3節 考察 / p13 (0012.jp2)
  16. 第II章 H⁺/有機カチオン対向輸送系に対するヒスチジン残基修飾試薬の影響 / p16 (0014.jp2)
  17. 第1節 Diethyl Pyrocarbonate (DEPC) 処理条件の検討 / p16 (0014.jp2)
  18. 1-a DEPC 処理の濃度依存性 / p16 (0014.jp2)
  19. 1-b DEPC 処理の反応時間依存性 / p18 (0015.jp2)
  20. 1-c DEPC 処理の pH 依存性 / p19 (0015.jp2)
  21. 第2節 DEPC のヒスチジン残基に対する反応特異性 / p20 (0016.jp2)
  22. 2-a SH 基との副反応の有無 / p20 (0016.jp2)
  23. 2-b チロシン残基との副反応の有無 / p22 (0017.jp2)
  24. 第3節 pH 依存的な Tetraethylammonium 輸送に対するヒスチジン残基の寄与 / p23 (0017.jp2)
  25. 3-a 種々の pH における Tetraethylammonium 輸送に及ぼす DEPC の影響 / p23 (0017.jp2)
  26. 3-b Tetraethylammonium 輸送に及ぼす DEPC の影響の速度論的解析 / p26 (0019.jp2)
  27. 3-c 非標識 Tetraethylammonium による保護効果の有無 / p26 (0019.jp2)
  28. 第4節 考察 / p28 (0020.jp2)
  29. 第III章 H⁺/有機カチオン対向輸送系に対する trans-stimulation 効果 / p30 (0021.jp2)
  30. 第1節 Tetraethylammonium 輸送に対する trans-stimulation 効果 / p30 (0021.jp2)
  31. 1-a trans-stimulation 効果の経時変化 / p30 (0021.jp2)
  32. 1-b trans-stimulation 効果に及ぼすプロトノフォアの影響 / p31 (0021.jp2)
  33. 第2節 trans-stimulation 効果の pH 依存性 / p33 (0022.jp2)
  34. 2-a pH 依存的な Tetraethylammonium 輸送に対する trans-stimulation 効果 / p33 (0022.jp2)
  35. 2-b 異なる pH 領域における プロトノフォアの作用 / p33 (0022.jp2)
  36. 第3節 考察 / p35 (0023.jp2)
  37. 第IV章 Tetraethylammonium と Choline の輸送機構の比較 / p38 (0025.jp2)
  38. 第1節 Choline 輸送における H⁺/有機カチオン対向輸送系の寄与 / p39 (0025.jp2)
  39. 1-a Choline 輸送に及ぼす外向き H⁺ 勾配の影響 / p39 (0025.jp2)
  40. 1-b Tetraethylammonium 輸送に及ぼす Choline の影響 / p39 (0025.jp2)
  41. 1-c Choline 輸送に対する trans-stimulation 効果 / p41 (0026.jp2)
  42. 第2節 Choline の輸送機構 / p42 (0027.jp2)
  43. 2-a Choline 輸送の駆動力 / p43 (0027.jp2)
  44. 2-b Choline 輸送の速度論的解析 / p44 (0028.jp2)
  45. 2-c Choline 輸送に及ぼす各種物質の影響 / p46 (0029.jp2)
  46. 2-d Choline 輸送に及ぼす化学修飾試薬の影響 / p47 (0029.jp2)
  47. 第3節 考察 / p48 (0030.jp2)
  48. 結論 / p51 (0031.jp2)
  49. 謝辞 / p53 (0032.jp2)
  50. 実験の部 / p54 (0033.jp2)
  51. 第I章 実験の部 / p54 (0033.jp2)
  52. 第II章 実験の部 / p59 (0035.jp2)
  53. 第III章 実験の部 / p62 (0037.jp2)
  54. 第IV章 実験の部 / p64 (0038.jp2)
  55. 引用文献 / p66 (0039.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094140
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094366
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000258454
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ