固体分散系を用いた徐放性坐剤の有用性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大西, 憲明, 1957- オオニシ, ノリアキ

書誌事項

タイトル

固体分散系を用いた徐放性坐剤の有用性に関する研究

著者名

大西, 憲明, 1957-

著者別名

オオニシ, ノリアキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第8137号

学位授与年月日

1993-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0006.jp2)
  3. 総論の部 / p1 (0008.jp2)
  4. 緒論 / p1 (0008.jp2)
  5. 第1章 徐放性固体分散坐剤の調製とその性質 / p3 (0009.jp2)
  6. 第1節 坐剤基剤中における薬物の結晶性 / p5 (0010.jp2)
  7. 1-1 X線回折 / p5 (0010.jp2)
  8. 1-2 示差走査熱量分析 / p15 (0015.jp2)
  9. 1-3 考察 / p17 (0016.jp2)
  10. 第2節 坐剤からの薬物の放出性 / p19 (0017.jp2)
  11. 2-1 放出挙動 / p19 (0017.jp2)
  12. 2-2 徐放機構 / p27 (0021.jp2)
  13. 2-3 考察 / p39 (0027.jp2)
  14. 第2章 徐放性固体分散坐剤のin vivo評価 / p41 (0028.jp2)
  15. 第1節 インドメタシン坐剤の家兎への投与 / p42 (0029.jp2)
  16. 1-1 バイオアベイラビリティに及ぼす難溶性基剤の種類並びに含有率の影響 / p43 (0029.jp2)
  17. 1-2 バイオアベイラビリティに及ぼすポリエチレングリコールの分子量の影響 / p47 (0031.jp2)
  18. 1-3 バイオアベイラビリティに及ぼす坐剤サイズの影響 / p50 (0033.jp2)
  19. 1-4 2層性坐剤のバイオアベイラビリティ / p51 (0033.jp2)
  20. 1-5 考察 / p53 (0034.jp2)
  21. 第2節 ニフェジピン2層性坐剤の健常人への投与 / p56 (0036.jp2)
  22. 2-1 血漿中濃度推移とバイオアベイラビリティ / p57 (0036.jp2)
  23. 2-2 薬物速度論 / p58 (0037.jp2)
  24. 2-3 坐剤の除去と再挿入の影響 / p62 (0039.jp2)
  25. 2-4 考察 / p64 (0040.jp2)
  26. 結論 / p66 (0041.jp2)
  27. 謝辞 / p69 (0042.jp2)
  28. 実験の部 / p70 (0044.jp2)
  29. 第1章 実験の部 / p70 (0044.jp2)
  30. 第2章 実験の部 / p79 (0049.jp2)
  31. 引用文献 / p83 (0051.jp2)
  32. Studies on Sustained-Release Dosage Forms.III.¹⁾ Preparation of Nifedipine Suppositories and Bioavailability in Rabbits / (0055.jp2)
  33. STUDIES ON SUSTAINED-RELEASE DOSAGE FORMS.IV.PHARMACOKINETICS AFTER RECTAL ADMINISTRATION OF NIFEDIPINE SUPPOSITORIES IN RABBITS / (0061.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094243
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000952983
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000258557
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ