フェライト系ステンレス鋼の熱間圧延における変形組織と再結晶に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 植松, 美博 ウエマツ, ヨシヒロ

書誌事項

タイトル

フェライト系ステンレス鋼の熱間圧延における変形組織と再結晶に関する研究

著者名

植松, 美博

著者別名

ウエマツ, ヨシヒロ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第8149号

学位授与年月日

1993-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0009.jp2)
  4. 第1節 本研究の背景と目的 / p1 (0009.jp2)
  5. 1.1 本研究の背景 / p1 (0009.jp2)
  6. 1.2 本研究の目的 / p5 (0011.jp2)
  7. 1.3 本研究の構成 / p6 (0012.jp2)
  8. 第2節 従来の研究と本研究との関連 / p8 (0013.jp2)
  9. 2.1 リジングの発生機構とその成因に関する研究 / p8 (0013.jp2)
  10. 2.2 熱間加工での変形と回復・再結晶に関する研究 / p15 (0016.jp2)
  11. 2.3 熱間圧延での不均一変形と再結晶に関する研究 / p16 (0017.jp2)
  12. 2.4 熱間圧延板の再結晶特性に及ぼす熱間圧延条件の影響に関する研究 / p18 (0018.jp2)
  13. 2.5 熱間圧延板の再結晶特性に及ぼす固溶・析出の影響に関する研究 / p19 (0018.jp2)
  14. 第3節 本研究の体系 / p20 (0019.jp2)
  15. 参考文献 / p21 (0019.jp2)
  16. 第2章 l7%Crフェライト系ステンレス鋼の熱間圧延組織とリジング特性に及ぼすオーステナイト生成能と熱間圧延条件の影響 / p25 (0021.jp2)
  17. 第1節 緒言 / p25 (0021.jp2)
  18. 第2節 供試材および実験方法 / p25 (0021.jp2)
  19. 2.1 供試材 / p25 (0021.jp2)
  20. 2.2 タンデムミル熱延実験 / p28 (0023.jp2)
  21. 2.3 実験室1パス熱延実験 / p30 (0024.jp2)
  22. 第3節 タンデムミル熱延実験結果 / p32 (0025.jp2)
  23. 3.1 リジング特性 / p32 (0025.jp2)
  24. 3.2 金属組織観察 / p34 (0026.jp2)
  25. 第4節 考察 / p41 (0029.jp2)
  26. 4.1 α/γ部分変態 / p41 (0029.jp2)
  27. 4.2 熱延中のαの変形および再結晶に及ぼすγの影響 / p48 (0033.jp2)
  28. 4.3 熱延板および熱延焼鈍板組織に及ぼすγ量と抽出温度の影響 / p52 (0035.jp2)
  29. 4.4 熱延焼鈍板組織とリジング特性との関係 / p54 (0036.jp2)
  30. 第5節 結言 / p55 (0036.jp2)
  31. 参考文献 / p56 (0037.jp2)
  32. 第3章 17%Crフェライト系ステンレス鋼の熱延焼鈍板のミクロ集合組織とリジンク特性の関係 / p57 (0037.jp2)
  33. 第1節 緒言 / p57 (0037.jp2)
  34. 第2節 供試材および実験方法 / p58 (0038.jp2)
  35. 2.1 供試材 / p58 (0038.jp2)
  36. 2.2 実験方法 / p58 (0038.jp2)
  37. 2.3 マイクロ・ファセット・ピット法による結晶方位解析 / p59 (0038.jp2)
  38. 2.4 X線極点図の作成 / p62 (0040.jp2)
  39. 第3節 実験結果 / p63 (0040.jp2)
  40. 3.1 リジング特性 / p63 (0040.jp2)
  41. 3.2 金属組織観察 / p66 (0042.jp2)
  42. 3.3 熱延焼鈍組織の結晶方位解析 / p70 (0044.jp2)
  43. 第4節 考察 / p77 (0047.jp2)
  44. 4.1 熱延焼鈍板のミクロ集合組織とリジング特性との関係 / p77 (0047.jp2)
  45. 4.2 冷延焼鈍板と熱延焼鈍板のミクロ集合組織の対応 / p82 (0050.jp2)
  46. 4.3 ミクロ集合組織とX線集合組織の対応およびリジング特性との関係 / p84 (0051.jp2)
  47. 第5節 結言 / p89 (0053.jp2)
  48. 参考文献 / p90 (0054.jp2)
  49. 第4章 Fe-19%Crフェライト合金の熱間圧延による変形帯の形成とその後の静的再結晶挙動 / p91 (0054.jp2)
  50. 第1節 緒言 / p91 (0054.jp2)
  51. 第2節 供試材および実験方法 / p91 (0054.jp2)
  52. 2.1 供試材 / p91 (0054.jp2)
  53. 2.2 実験方法 / p93 (0055.jp2)
  54. 第3節 実験結果 / p96 (0057.jp2)
  55. 3.1 熱延材の硬さ / p96 (0057.jp2)
  56. 3.2 熱延材の位相差顕微鏡観察 / p96 (0057.jp2)
  57. 3.3 熱延材の透過聡子顕微鏡観察 / p102 (0060.jp2)
  58. 3.4 1パス熱延後の焼鈍による静的再結品挙動 / p104 (0061.jp2)
  59. 3.5 結晶方位解析 / p106 (0062.jp2)
  60. 第4節 考察 / p113 (0065.jp2)
  61. 4.1 熱延過程の動的復旧過程 / p113 (0065.jp2)
  62. 4.2 変形帯の分類 / p114 (0066.jp2)
  63. 4.3 変形帯の結晶学的考察 / p116 (0067.jp2)
  64. 4.4 再結晶の速度 / p119 (0068.jp2)
  65. 4.5 変形帯と再結晶の関係 / p121 (0069.jp2)
  66. 第5節 結言 / p123 (0070.jp2)
  67. 参考文献 / p124 (0071.jp2)
  68. 第5章 17%Cr-0.3%Nbフェライト単相鋼の熱間圧延による変形帯の形成とその後の静的再結晶挙動におよぼす柱状晶の影響 / p125 (0071.jp2)
  69. 第1節 緒言 / p125 (0071.jp2)
  70. 第2節 供試材および実験方法 / p126 (0072.jp2)
  71. 2.1 供試材 / p126 (0072.jp2)
  72. 2.2 実験方法 / p127 (0072.jp2)
  73. 第3節 実験結果 / p130 (0074.jp2)
  74. 3.1 熱延材の硬さ / p130 (0074.jp2)
  75. 3.2 熱延材の組織観察およびSEM-ECP解析結果 / p131 (0074.jp2)
  76. 3.3 1パス熱延後の再加熱による再結晶 / p143 (0080.jp2)
  77. 第4節 考察 / p145 (0081.jp2)
  78. 4.1 サブグレインサイズ / p146 (0082.jp2)
  79. 4.2 変形帯の結晶学的特徴 / p147 (0082.jp2)
  80. 4.3 変形帯の形成と結晶の回転 / p151 (0084.jp2)
  81. 第5節 結言 / p154 (0086.jp2)
  82. 参考文献 / p155 (0086.jp2)
  83. 第6章 17%Cr-0.3%Nbフェライト単相鋼の熱間圧延板の再結晶特性および冷延焼鈍板のリジング特性に及ぼす多パス熱間圧延条件の影響 / p156 (0087.jp2)
  84. 第1節 緒言 / p156 (0087.jp2)
  85. 第2節 供試材および実験方法 / p156 (0087.jp2)
  86. 2.1 供試材 / p156 (0087.jp2)
  87. 2.2 実験方法 / p157 (0087.jp2)
  88. 第3節 実験結果 / p159 (0088.jp2)
  89. 3.1 リジング特性に及ぼす熱延条件の影響 / p159 (0088.jp2)
  90. 3.2 熱延板および熱延焼鈍板の金属組織に及ぼす熱延条件の影響 / p162 (0090.jp2)
  91. 3.3 3パス熱延材の金属組織 / p164 (0091.jp2)
  92. 第4節 考察 / p167 (0092.jp2)
  93. 4.1 抽出温度の影響 / p167 (0092.jp2)
  94. 4.2 仕上げ熱延温度の影響 / p167 (0092.jp2)
  95. 4.3 パス間焼鈍での再結晶による熱延組織の微細化 / p168 (0093.jp2)
  96. 4.4 熱延および焼鈍による組織変化 / p169 (0093.jp2)
  97. 第5節 結言 / p170 (0094.jp2)
  98. 参考文献 / p171 (0094.jp2)
  99. 第7章 l7%Crフェライト単相鋼の熱間圧延板の再結晶特性に及ぼすNbおよびC量の影響 / p172 (0095.jp2)
  100. 第1節 緒言 / p172 (0095.jp2)
  101. 第2節 供試材および実験方法 / p173 (0095.jp2)
  102. 2.1 供試材 / p173 (0095.jp2)
  103. 2.2 実験方法 / p175 (0096.jp2)
  104. 第3節 実験結果 / p177 (0097.jp2)
  105. 3.1 熱延板焼鈍組織に及ぼすNb,C量と抽出温度の影響 / p177 (0097.jp2)
  106. 3.2 熱延板の再結晶特性 / p182 (0100.jp2)
  107. 3.3 熱延板の組織に及ぼすNbとC量および抽出温度の影響 / p190 (0104.jp2)
  108. 第4節 考察 / p197 (0107.jp2)
  109. 4.1 再結晶に及ぼす析出粒子径の影響 / p197 (0107.jp2)
  110. 4.2 再結晶に及ぼすNb系析出物の影響 / p200 (0109.jp2)
  111. 4.3 再結晶に及ぼす固溶Nbの影響 / p204 (0111.jp2)
  112. 4.4 再結晶と競合する析出の影響 / p205 (0111.jp2)
  113. 第5節 結言 / p207 (0112.jp2)
  114. 参考文献 / p207 (0112.jp2)
  115. 第8章 総括 / p208 (0113.jp2)
  116. 本論文に関連する公表論文 / p214 (0116.jp2)
  117. 謝辞 / p215 (0116.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094255
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094481
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000258569
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ