非平衡流砂モデルの展開による河川流砂に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 村上, 正吾 ムラカミ, ショウゴ

書誌事項

タイトル

非平衡流砂モデルの展開による河川流砂に関する研究

著者名

村上, 正吾

著者別名

ムラカミ, ショウゴ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第8160号

学位授与年月日

1993-03-23

注記・抄録

博士論文

本文データは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルを基にpdf変換したものである

新制・論文博士

乙第8160号

論工博第2689号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 第1章 掃流砂の確率モデルとその非平衡流砂過程への展開 / p5 (0009.jp2)
  5. 1.1 概説 / p5 (0009.jp2)
  6. 1.2 非平衡掃流砂モデルに関する検討 / p9 (0011.jp2)
  7. 1.3 砂粒の運動方程式に関する検討 / p13 (0013.jp2)
  8. 第2章 砂粒子の初期移動機構に関する研究 / p17 (0015.jp2)
  9. 2.1 概説 / p17 (0015.jp2)
  10. 2.2 砂礫の初期移動機構に関する研究 / p18 (0016.jp2)
  11. 2.3 砂礫の初期移動に関する実験的検討 / p29 (0021.jp2)
  12. 2.4 結論 / p34 (0024.jp2)
  13. 第3章 砂粒子の流送過程に関する研究 / p39 (0026.jp2)
  14. 3.1 概説 / p39 (0026.jp2)
  15. 3.2 砂粒運動の確率的状態とstep lengthの決定機構 / p41 (0027.jp2)
  16. 3.3 滑動砂粒の運動特性に関する検討 / p47 (0030.jp2)
  17. 3.4 saltation粒子の流送過程に関する検討 / p59 (0036.jp2)
  18. 3.5 結論 / p79 (0046.jp2)
  19. 第4章 河床波上の非平衡掃流過程に関する研究 / p83 (0048.jp2)
  20. 4.1 概説 / p83 (0048.jp2)
  21. 4.2 河床波上の流れモデルに関する検討 / p85 (0049.jp2)
  22. 4.3 河床波上の非平衡掃流砂モデルに関する検討 / p88 (0051.jp2)
  23. 4.4 河床波上の流れと掃流砂に関する実験 / p92 (0053.jp2)
  24. 4.5 平衡状態にある河床波の安定形状に関する検討 / p101 (0057.jp2)
  25. 4.6 結論 / p105 (0059.jp2)
  26. 第5章 側岸上の非平衡掃流過程に関する研究 / p109 (0061.jp2)
  27. 5.1 概説 / p109 (0061.jp2)
  28. 5.2 側岸上での非平衡掃流モデルに関する検討 / p110 (0062.jp2)
  29. 5.3 側岸上の粒子の運動特性に関する検討 / p113 (0063.jp2)
  30. 5.4 横断方向勾配の存在する場での掃流過程に関する実験 / p120 (0067.jp2)
  31. 5.5 2次流の存在する流れ場への拡張に関する実験的検討 / p126 (0070.jp2)
  32. 5.6 結論 / p130 (0072.jp2)
  33. 第6章 掃流過程に及ぼす河床面を通しての流出入流速の影響 / p133 (0073.jp2)
  34. 6.1 概説 / p133 (0073.jp2)
  35. 6.2 吹き出し・吸い込み速度が表面流速分布に及ぼす影響 / p134 (0074.jp2)
  36. 6.3 吹き出し・吸い込み速度が河床砂粒のpick-up rateに及ぼす影響 / p137 (0075.jp2)
  37. 6.4 流出入流速の砂粒のstep length に与える影響 / p141 (0077.jp2)
  38. 6.5 流出入流速が流れと掃流砂に及ぼす影響に関する実験 / p144 (0079.jp2)
  39. 6.6 結論 / p150 (0082.jp2)
  40. 第7章 掃流から浮遊への遷移の出現機構とその流砂過程に果たす役割 / p155 (0084.jp2)
  41. 7.1 概説 / p155 (0084.jp2)
  42. 7.2 Bed material load 流送過程の記述 / p157 (0085.jp2)
  43. 7.3 掃流から浮遊への遷移に影響される浮遊砂過程 / p160 (0087.jp2)
  44. 7.4 saltation軌跡の不安定 / p163 (0088.jp2)
  45. 7.5 限界鉛直偏倚量に関する検討 / p165 (0089.jp2)
  46. 7.6 掃流から浮遊への遷移確率密度に関する検討 / p169 (0091.jp2)
  47. 7.7 結論 / p174 (0094.jp2)
  48. 第8章 浮遊砂の確率モデルとその非平衡流送への適用 / p177 (0095.jp2)
  49. 8.1 概説 / p177 (0095.jp2)
  50. 8.2 浮遊砂の確率モデルに関する検討 / p178 (0096.jp2)
  51. 8.3 Bed material load の流送過程に関する数値模擬 / p190 (0102.jp2)
  52. 8.4 河床波上の非平衡浮遊過程に関する研究 / p194 (0104.jp2)
  53. 8.5 結論 / p203 (0108.jp2)
  54. 結論 / p207 (0110.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094266
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094492
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000258580
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ