べと病菌感染によるダイコン根組織における木化誘導に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 松本, 勲 マツモト, イサオ

書誌事項

タイトル

べと病菌感染によるダイコン根組織における木化誘導に関する研究

著者名

松本, 勲

著者別名

マツモト, イサオ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第8197号

学位授与年月日

1993-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0007.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0012.jp2)
  4. 第2章 木化細胞壁の病害抵抗性に対する役割 / p7 (0018.jp2)
  5. 第1節 ダイコン品種間におけるべと病感受性の差異 / p7 (0018.jp2)
  6. 1. 実験材料および方法 / p8 (0019.jp2)
  7. 2. 実験結果 / p9 (0020.jp2)
  8. 3.考察 / p9 (0020.jp2)
  9. 第2節 べと病菌感染によるダイコン品種間における細胞壁木化と抵抗性 / p11 (0022.jp2)
  10. 1. 実験材料および方法 / p11 (0022.jp2)
  11. 2. 実験結果 / p11 (0022.jp2)
  12. 3. 考 察 / p12 (0023.jp2)
  13. 第3章 ダイコンの根組織における木化誘導因子の存在 / p16 (0027.jp2)
  14. 第1節 べと病罹病組織における木化誘導因子の存在とその起源 / p16 (0027.jp2)
  15. 1. 実験材料および方法 / p17 (0028.jp2)
  16. 2. 実験結果 / p19 (0030.jp2)
  17. 3. 考 察 / p26 (0037.jp2)
  18. 第2節 ダイコンの根組織における木化誘導因子の生成 / p27 (0038.jp2)
  19. 1. 実験材料および方法 / p27 (0038.jp2)
  20. 2. 実験結果 / p28 (0039.jp2)
  21. 3. 考 察 / p35 (0046.jp2)
  22. 第3節 病,傷害によりダイコンの根組織に生成するリグニンの性質 / p38 (0049.jp2)
  23. 1. 実験材料および方法 / p38 (0049.jp2)
  24. 2. 実験結果 / p39 (0050.jp2)
  25. 3. 考 察 / p40 (0051.jp2)
  26. 第4節 木化誘導因子処理によるダイコンの根組織における木化誘導の経時的変化 / p43 (0054.jp2)
  27. 1. 実験材料および方法 / p43 (0054.jp2)
  28. 2. 実験結果 / p44 (0055.jp2)
  29. 3.考察 / p48 (0059.jp2)
  30. 第5節 ダイコンの根組織における木化誘導因子の局在性 / p48 (0059.jp2)
  31. 1.実験材料および方法 / p49 (0060.jp2)
  32. 2. 実験結果 / p49 (0060.jp2)
  33. 3.考察 / p51 (0062.jp2)
  34. 第4章 ダイコンの根組織から得られる木化誘導因子の性質 / p53 (0064.jp2)
  35. 第1節 木化誘導因子の純化と物理,化学的性質 / p53 (0064.jp2)
  36. 1. 実験材料および方法 / p53 (0064.jp2)
  37. 2. 実験結果 / p55 (0066.jp2)
  38. 3.考察 / p60 (0071.jp2)
  39. 第2節 木化誘導因子の生物学的性質 / p61 (0072.jp2)
  40. 1. 実験材料および方法 / p62 (0073.jp2)
  41. 2. 実験結果 / p62 (0073.jp2)
  42. 3. 考 察 / p64 (0075.jp2)
  43. 第3節 木化誘導因子処理によるダイコン品種間におけるリグニン誘導の差異 / p66 (0077.jp2)
  44. 1.実験材料および方法 / p66 (0077.jp2)
  45. 2. 実験結果 / p67 (0078.jp2)
  46. 3. 考 察 / p67 (0078.jp2)
  47. 第5章 木化誘導因子による植物病害抵抗性の誘導 / p70 (0081.jp2)
  48. 第1節 べと病菌感染あるいは傷害によるダイコンの根組織における誘導抵抗性 / p70 (0081.jp2)
  49. 1.実験材料および方法 / p70 (0081.jp2)
  50. 2. 実験結果 / p71 (0082.jp2)
  51. 3. 考 察 / p74 (0085.jp2)
  52. 第2節 キュウリにおける木化誘導因子処理による炭そ病発病抑制効果 / p77 (0088.jp2)
  53. 1. 実験材料および方法 / p78 (0089.jp2)
  54. 2. 実験結果 / p79 (0090.jp2)
  55. 3. 考察 / p83 (0094.jp2)
  56. 第3節 2-クロロエチルホスホン酸存在下における木化誘導因子の作用の活性化 / p87 (0098.jp2)
  57. 1. 実験材料および方法 / p87 (0098.jp2)
  58. 2. 実験結果 / p88 (0099.jp2)
  59. 3.考察 / p94 (0105.jp2)
  60. 第6章 総合考察 / p100 (0111.jp2)
  61. 摘要 / p108 (0119.jp2)
  62. 引用文献 / p111 (0122.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094303
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094529
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000258617
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ