増粘剤を添付した有機質溶解剤による新しい象牙質被着面処理ならびにボンディング材に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 若林, 元 ワカバヤシ, ハジメ

書誌事項

タイトル

増粘剤を添付した有機質溶解剤による新しい象牙質被着面処理ならびにボンディング材に関する研究

著者名

若林, 元

著者別名

ワカバヤシ, ハジメ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (歯学)

学位授与番号

甲第1109号

学位授与年月日

1993-03-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第I章 緒論 / p1 (0004.jp2)
  3. 第II章 実験材料および方法 / p4 (0006.jp2)
  4. 第1節 増粘剤を添加した有機質溶解剤の調製およびその被着面に対する接触角の測定 / p4 (0006.jp2)
  5. 第2節 被着体の調製 / p4 (0006.jp2)
  6. 第3節 象牙質被着面処理剤 / p4 (0006.jp2)
  7. 1)第一処理剤 / p5 (0006.jp2)
  8. 2)第二処理剤 / p5 (0006.jp2)
  9. 第4節 SEM観察およびIRによる表面分析 / p5 (0006.jp2)
  10. 第5節 ボンディング材活性部の調製 / p5 (0006.jp2)
  11. 第6節 接着試験体の作製 / p5 (0006.jp2)
  12. 第7節 接着強さおよび接着耐久性試験 / p6 (0007.jp2)
  13. 第8節 辺縁漏洩度試験 / p6 (0007.jp2)
  14. 第III章 結果および考察 / p7 (0007.jp2)
  15. 第1節 第一処理に用いた酸の種類、濃度および作用時間が接着強さにおよぼす影響 / p7 (0007.jp2)
  16. 第2節 水平および垂直面の被着体に作用させる第二処理に用いたNaOCl-Solutionが接着強さにおよぼす影響 / p9 (0008.jp2)
  17. 第3節 NaOCl-Solutionへの増粘剤の添加量が接触角および接着強さにおよぼす影響 / p11 (0009.jp2)
  18. 第4節 NaOCl-SolutionおよびNaOCl-Gelで処理した象牙質被着面のSEMおよびFT-IR分析 / p13 (0010.jp2)
  19. 第5節 NaOCl-SolutionおよびNaOCl-Gelによる第二処理が接着耐久性におよぼす影響 / p15 (0011.jp2)
  20. 第6節 ボンディング材中の助触媒量の違いが接着強さおよびその耐久性におよぼす影響 / p17 (0012.jp2)
  21. 第7節 NaOCl-SolutionおよびNaOCl-Gelによる第二処理と試作ボンディング材が辺縁漏洩度におよぼす影響 / p19 (0013.jp2)
  22. 第IV章 総括 / p20 (0014.jp2)
  23. 第V章 結論 / p24 (0016.jp2)
  24. 謝辞 / p25 (0016.jp2)
  25. 文献 / p26 (0017.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094329
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094555
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000258643
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ