細菌細胞における輸送制御機構の解析

この論文をさがす

著者

    • 黒田, 正幸 クロダ, マサユキ

書誌事項

タイトル

細菌細胞における輸送制御機構の解析

著者名

黒田, 正幸

著者別名

クロダ, マサユキ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第1153号

学位授与年月日

1993-03-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 略号 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p3 (0006.jp2)
  4. 第1節 はじめに / p3 (0006.jp2)
  5. 第2節 細胞膜と能動輸送系 / p4 (0007.jp2)
  6. 第3節 グルコース効果-糖の利用の制御機構- / p5 (0007.jp2)
  7. 第4節 メリビオースオペロンとメリビオース輸送系 / p6 (0008.jp2)
  8. §1 メリビオースオペロンの構造解析 / p6 (0008.jp2)
  9. §2 メリビオースオペロンの発現制御機構 / p7 (0008.jp2)
  10. §3 メリビオース輸送系の性質と分子レベルでの解析 / p8 (0009.jp2)
  11. 第5節 PTSとグルコース効果 / p11 (0010.jp2)
  12. §1 PTSとそのコンポーネント[化学式] / p11 (0010.jp2)
  13. §2 Catabolite repression / p12 (0011.jp2)
  14. §3 Inducer exelusion / p13 (0011.jp2)
  15. §4 PTSによるメリビオース輸送系の活性調節機構の解析 / p13 (0011.jp2)
  16. §5 Inducer exclusion の分子レベルでの解析 / p14 (0012.jp2)
  17. §6 PTSによるメリビオース輸送系の活性および発現の制御機構 / p14 (0012.jp2)
  18. 第6節 本研究の目的および本論文の構成 / p16 (0013.jp2)
  19. 第2章 Inducer exclusion抵抗性変異株の分離とその生化学的性質 / p18 (0014.jp2)
  20. 第1節 要約 / p18 (0014.jp2)
  21. 第2節 実験材料と方法 / p19 (0015.jp2)
  22. §1 菌株と培地 / p19 (0015.jp2)
  23. §2 Inducer exclusion高感受性株の分離 / p19 (0015.jp2)
  24. §3 Inducer exclusion抵抗性変異株の分離 / p20 (0015.jp2)
  25. §4 変異株の生育に対するPTS-sugarの効果 / p20 (0015.jp2)
  26. §5 メリビオース輸送系の活性の測定 / p21 (0016.jp2)
  27. §6 α-ガラクトシダーゼ活性の測定 / p22 (0016.jp2)
  28. §7 タンパク質定量 / p22 (0016.jp2)
  29. §8 試薬その他 / p22 (0016.jp2)
  30. 第3節 結果 / p23 (0017.jp2)
  31. §1 Inducer exclusion抵抗性変異株の分離 / p23 (0017.jp2)
  32. §2 Inducer exclusion抵抗性変異株の生育に対するPTS-sugarの効果 / p24 (0017.jp2)
  33. §3 メリビオース輸送系の輸送活性 / p26 (0018.jp2)
  34. §4 変異株におけるα-ガラクトシダーゼ活性 / p28 (0019.jp2)
  35. 第4節 考察 / p30 (0020.jp2)
  36. 第3章 Inducer exclusion抵抗性変異株の遺伝子面からの解析 / p31 (0021.jp2)
  37. 第1節 要約 / p31 (0021.jp2)
  38. 第2節 実験材料と方法 / p32 (0022.jp2)
  39. §1 菌株と培地 / p32 (0022.jp2)
  40. §2 プラスミド / p32 (0022.jp2)
  41. §3 変異株の染色体DNAの調製 / p32 (0022.jp2)
  42. §4 Inducer exclusion抵抗性変異株からの変異型遺伝子のクローニング / p33 (0022.jp2)
  43. §5 プラスミドの作製と調製 / p33 (0022.jp2)
  44. §6 形質転換 / p33 (0022.jp2)
  45. §7 塩基配列の決定 / p33 (0022.jp2)
  46. §8 サザンハイブリダイゼーション / p35 (0023.jp2)
  47. §9 その他の方法 / p35 (0023.jp2)
  48. §10 試薬その他 / p35 (0023.jp2)
  49. 第3節 結果 / p35 (0023.jp2)
  50. §1 変異型メリビオース輸送系遺伝子のクローニング / p35 (0023.jp2)
  51. §2 変異型メリビオースオベロンを含むプラスミドを保持するPPA172株の生育に対する2-デオキシグルコースの効果 / p39 (0025.jp2)
  52. §3 変異型メリビオース輸送系を用いた遺伝子内マッピング / p41 (0026.jp2)
  53. §4 変異型melB遺伝子内の変異の同定 / p43 (0027.jp2)
  54. §5 サザンハイブリダイゼーション / p44 (0028.jp2)
  55. §6 ホモロジー検索 / p46 (0029.jp2)
  56. 第4節 考察 / p47 (0029.jp2)
  57. 第4章 ネズミチフス菌メリビオース輸送タンパク質における445番目のIle残基がInducer exelusion感受性に果たす役割 / p51 (0031.jp2)
  58. 第1節 要約 / p51 (0031.jp2)
  59. 第2節 実験材料と方法 / p52 (0032.jp2)
  60. §1 菌株と培地 / p52 (0032.jp2)
  61. §2 プラスミド / p52 (0032.jp2)
  62. §3 プラスミドの作製、調製および形質転換 / p52 (0032.jp2)
  63. §4 部位特異的変異導入 / p53 (0032.jp2)
  64. §5 輸送活性の測定 / p53 (0032.jp2)
  65. §6 抗血清の調製 / p54 (0033.jp2)
  66. §7 ウエスタンプロット解析 / p54 (0033.jp2)
  67. §8 その他の方法 / p55 (0033.jp2)
  68. §9 試薬その他 / p55 (0033.jp2)
  69. 第3節 結果 / p55 (0033.jp2)
  70. §1 部位特異的変異導入 / p55 (0033.jp2)
  71. §2 変異型melB遺伝子を含むプラスミドを保持するPPA172株の生育に対する2-デオキシグルコースの効果 / p58 (0035.jp2)
  72. §3 変異型メリビオース輸送タンパク質の活性に対する2-デオキシグルコースの効果 / p60 (0036.jp2)
  73. §4 抗血清の性質と作製した変異体の発現量 / p62 (0037.jp2)
  74. 第4節 考察 / p65 (0038.jp2)
  75. 第5章 ネズミチフス菌メリビオース輸送タンパク質における中央ループ領域の役割 / p67 (0039.jp2)
  76. 第1節 要約 / p67 (0039.jp2)
  77. 第2節 実験材料と方法 / p67 (0039.jp2)
  78. §1 菌株と培地 / p67 (0039.jp2)
  79. §2 プラスミド / p68 (0040.jp2)
  80. §3 プラスミドの作製、調製および形質転換 / p68 (0040.jp2)
  81. §4 部位特異的変異導入 / p68 (0040.jp2)
  82. §5 輸送活性の測定 / p69 (0040.jp2)
  83. §6 その他の方法 / p69 (0040.jp2)
  84. §7 試薬その他 / p69 (0040.jp2)
  85. 第3節 結果 / p70 (0041.jp2)
  86. §1 部位特異的変異導入と中央ループ欠失変異体の作製 / p70 (0041.jp2)
  87. §2 中央ループの部位特異的変異体の生育の性質 / p75 (0043.jp2)
  88. §3 中央ループの部位特異的変異体の輸送活性 / p77 (0044.jp2)
  89. 第4節 考察 / p78 (0045.jp2)
  90. 第6章 大腸菌メリビオース輸送タンパク質のC末端の段階的欠失変異体の解析 / p79 (0045.jp2)
  91. 第1節 要約 / p79 (0045.jp2)
  92. 第2節 実験材料と方法 / p80 (0046.jp2)
  93. §1 菌株と培地 / p80 (0046.jp2)
  94. §2 プラスミド / p80 (0046.jp2)
  95. §3 プラスミドの作製、調製および形質転換 / p80 (0046.jp2)
  96. §4 PCR法によるC末端欠失変異体の作製 / p80 (0046.jp2)
  97. §5 輸送活性の測定 / p83 (0047.jp2)
  98. §6 その他の方法 / p83 (0047.jp2)
  99. §7 試薬その他 / p83 (0047.jp2)
  100. 第3節 結果 / p84 (0048.jp2)
  101. §1 pKKMB-ctシリーズの変異体のInducer exclusion感受性 / p84 (0048.jp2)
  102. §2 C末端の欠失変異体の作製(pMCTシリーズのプラスミドの作製) / p85 (0048.jp2)
  103. §3 変異型メリビオース輸送タンパク質の活性に対する2-デオキシグルコースの効果 / p89 (0050.jp2)
  104. 第4節 考察 / p91 (0051.jp2)
  105. 第7章 総括と展望 / p92 (0052.jp2)
  106. 謝辞 / p96 (0054.jp2)
  107. 参考文献 / p97 (0055.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094373
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094599
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000258687
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ