会計政策の現在

この論文をさがす

著者

    • 今福, 愛志, 1941- イマフク, アイシ

書誌事項

タイトル

会計政策の現在

著者名

今福, 愛志, 1941-

著者別名

イマフク, アイシ

学位授与大学

武蔵大学

取得学位

博士 (経済学)

学位授与番号

乙第3号

学位授与年月日

1993-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p7 (0006.jp2)
  2. はしがき / p3 (0004.jp2)
  3. 序章 現代会計政策論の課題 / p3 (0010.jp2)
  4. 第I編 現代会計政策の展開 / (0014.jp2)
  5. 第1章 会計基準設定と利害集団の再編成 / p13 (0015.jp2)
  6. I 問題の所在 / p13 (0015.jp2)
  7. II 会計基準設定の再編成の背景 / p15 (0016.jp2)
  8. III 会計基準設定の再編成の特質 / p19 (0018.jp2)
  9. IV 会計基準設定におけるビジネス・ラウンドテーブルの位置 / p25 (0021.jp2)
  10. V 今後の課題 / p28 (0023.jp2)
  11. 〔資料〕米国会計基準設定におけるビジネス・ラウンドテーブルの活動小史 / p39 (0028.jp2)
  12. 第2章 会計基準設定の階層化 / p49 (0033.jp2)
  13. I 問題の設定 / p49 (0033.jp2)
  14. II GAAPの階層化の展開 / p51 (0034.jp2)
  15. III 設定機関の再編成 / p58 (0038.jp2)
  16. IV 今後の課題 / p67 (0042.jp2)
  17. 第3章 会計規制の新展開-米国下院ディンゲル委員会をめぐって- / p79 (0048.jp2)
  18. I 経緯 / p79 (0048.jp2)
  19. II ディンゲル委員会の課題と問題 / p80 (0049.jp2)
  20. III ディンゲル委員会の会計規制改革計画 / p85 (0051.jp2)
  21. IV ディンゲル委員会が投げかけるもの / p88 (0053.jp2)
  22. 第4章 不正財務報告問題と会計規制-現代米国会計制度の展開- / p95 (0056.jp2)
  23. I 問題の設定 / p95 (0056.jp2)
  24. II 現代における不正財務報告問題の位置 / p96 (0057.jp2)
  25. III 不正財務報告の変容 / p99 (0058.jp2)
  26. IV 不正財務報告と意思決定メカニズムの変容 / p103 (0060.jp2)
  27. V おわりに / p107 (0062.jp2)
  28. 〔資料〕米国企業における会計政策の決定主体の事例 / p115 (0066.jp2)
  29. 第5章 会計の政治化-その意義と展開- / p121 (0069.jp2)
  30. I 検討の視点 / p121 (0069.jp2)
  31. II 会計基準設定の3局面 / p122 (0070.jp2)
  32. III 「会計の政治化」の展開 / p126 (0072.jp2)
  33. IV 「会計の政治化」の意義の検討 / p129 (0073.jp2)
  34. 第II編 現代会計政策の局面 / (0076.jp2)
  35. 第6章 現代会計政策の重点移動 / p137 (0077.jp2)
  36. I 問題の所在 / p137 (0077.jp2)
  37. II 会計政策の重点移動の意味 / p138 (0078.jp2)
  38. III オフバランスシート・ファイナンシングの会計政策 / p141 (0079.jp2)
  39. IV 問題の方向 / p147 (0082.jp2)
  40. 〔補論〕会計政策に関する実証研究のための概念設定-日米企業における会計政策の実態調査に関連して- / p155 (0086.jp2)
  41. 1.はじめに / p155 (0086.jp2)
  42. 2.目的と視角 / p156 (0087.jp2)
  43. 3.フレームワークの構成 / p159 (0088.jp2)
  44. 第7章 現代会計政策の前提 / p165 (0091.jp2)
  45. I はじめに / p165 (0091.jp2)
  46. II 企業会計の前提の変容 / p166 (0092.jp2)
  47. III 企業会計の変容 / p169 (0093.jp2)
  48. IV おわりに / p171 (0094.jp2)
  49. 第8章 多国籍企業の会計政策の動囚一振替価格のディスクロージャー今めぐノて / p175 (0096.jp2)
  50. I はじめに / p175 (0096.jp2)
  51. II 多国籍企業会計問題の2側面 / p176 (0097.jp2)
  52. III 振替価格とディスクロージャー / p179 (0098.jp2)
  53. IV おわりに / p183 (0100.jp2)
  54. 第9章 会計政策概念の展開 / p189 (0103.jp2)
  55. I 問題とアプローチ / p189 (0103.jp2)
  56. II 伝統的な会計政策概念 / p190 (0104.jp2)
  57. III 会計政策概念の展開 / p198 (0108.jp2)
  58. IV 会計政策と株式会社構造 / p201 (0109.jp2)
  59. V おわりに / p202 (0110.jp2)
  60. 第III編 現代会計政策の構造-米国年金会計基準の設定をめぐって- / (0113.jp2)
  61. 第10章 現代企業の会計政策の構造-企業年金問題を素材として- / p211 (0114.jp2)
  62. I 視点と課題 / p211 (0114.jp2)
  63. II 現代企業と会計政策 / p212 (0115.jp2)
  64. III 企業年金をめぐる会計政策の構造 / p216 (0117.jp2)
  65. IV 問題点 / p219 (0118.jp2)
  66. 第11章 新年金会計基準の影響-現代会計制度の性格変化- / p227 (0122.jp2)
  67. I はじめに / p227 (0122.jp2)
  68. II 会計実務への影響の実態 / p228 (0123.jp2)
  69. III 会計実務への影響の意味 / p233 (0125.jp2)
  70. IV 今後の課題 / p236 (0127.jp2)
  71. 第12章 会計基準設定の新局面-退職者医療給付の会計基準設定をめぐって- / p241 (0129.jp2)
  72. I はじめに / p241 (0129.jp2)
  73. II 『公開草案』の背景と要因 / p242 (0130.jp2)
  74. III 『公開草案』の検討 / p248 (0133.jp2)
  75. IV 『公開草案』の意義 / p253 (0135.jp2)
  76. 〔補論〕財務会計基準書第106号の設定とその影響-『公開草案』の修正- / p261 (0139.jp2)
  77. 1.概要 / p261 (0139.jp2)
  78. 2.事例:IBMへの影響 / p262 (0140.jp2)
  79. 終章 会計政策の現在 / p269 (0143.jp2)
  80. 参考文献 / p273 (0145.jp2)
  81. 索引 / p301 (0159.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094534
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094760
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000258848
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ