有機硫黄化合物を用いた有機合成法の開発とその応用

この論文をさがす

著者

    • 島崎, 眞 シマザキ, マコト

書誌事項

タイトル

有機硫黄化合物を用いた有機合成法の開発とその応用

著者名

島崎, 眞

著者別名

シマザキ, マコト

学位授与大学

東京薬科大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第138号

学位授与年月日

1992-07-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 本論 / p8 (0012.jp2)
  4. 第一章 Pyrazinethiol類のAcyl Carrierとしての利用 / p8 (0012.jp2)
  5. 第一節 3,6-Dialkyl-2-pyrazinethiol類の合成 / p8 (0012.jp2)
  6. 第二節 3,6-Dialkyl-2-pyrazinethiol類をCarrierとしたAminoおよびHydroxyl化合物のAcyl化 / p10 (0014.jp2)
  7. 第三節 3,6-Dialkyl-2-pyrazinethiol類をCarrierとしたAmineのAlkoxycarbonyl化 / p14 (0018.jp2)
  8. 第二章 Pyrazinethiol類を用いたAlkyl HalideからAldehydeへの簡便な変換 / p17 (0021.jp2)
  9. 第一節 AlkylおよびAryl Pyrazinyl Sulfoxide類の合成 / p17 (0021.jp2)
  10. 第二節 1°Alkyl Pyrazinyl Sulfoxide類とTrifiuoroacetic Anihydride(TFAA)の反応:Alkyl HalidesからAldehydesへの効果的な変換 / p19 (0023.jp2)
  11. 第三節 CyclohexylおよびAryl Pyrazinyl Sulfoxide類とTFAAの反応:Acyloxyl基の遠隔転位 / p22 (0026.jp2)
  12. 第三章 N,N-Dimethyl-1-(2-alkylthiophenyl)ethylamirieの酸化 / p25 (0029.jp2)
  13. 第一節 N,N-Dimethyl-1-phenylethylamineのortho-Sulfenylation / p25 (0029.jp2)
  14. 第二節 N,N-Dimethyl-1-(2-alkylthiophenyl)ethylamineの酸化 / p26 (0030.jp2)
  15. 第三節 N,N-Dimethyl-1-(2-alkylsulfinylphenyl)ethylamineの構造研究 / p27 (0031.jp2)
  16. 第四章 N,N-Dimethyl-1-(2-methylsulfinylphenyl)ethylamineの有機合成における活用 / p31 (0035.jp2)
  17. 第一節 Ester類との縮合により得られるβ-Ketosulfoxide類の不斉還元および(-)-Matsutakeolの合成 / p31 (0035.jp2)
  18. 第二節 Ketone類との不斉Aldol型縮合およびGreek Tobaccoの成分合成 / p35 (0039.jp2)
  19. 第三節 Darlinineおよびその類縁物質の全合成 / p40 (0044.jp2)
  20. 結語 / p42 (0046.jp2)
  21. 実験の部 / p44 (0048.jp2)
  22. 参考文献 / p83 (0087.jp2)
  23. 謝辞 / p86 (0090.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094537
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094763
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000258851
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ