プロトン-電子連動型分子性錯体の合成研究 Synthetic Studies on Proton-Electron CooperatingSystems

この論文をさがす

著者

    • 杉浦, 健一 スギウラ, ケンイチ

書誌事項

タイトル

プロトン-電子連動型分子性錯体の合成研究

タイトル別名

Synthetic Studies on Proton-Electron CooperatingSystems

著者名

杉浦, 健一

著者別名

スギウラ, ケンイチ

学位授与大学

総合研究大学院大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第35号

学位授与年月日

1992-09-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 キンヒドロンの基本物性 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1節 水素結合と電荷移動相互作用 / p1 (0005.jp2)
  4. 1-1-1)錯体異性:電荷移動相互作用とプロトン移動 / p1 (0005.jp2)
  5. 1-1-2)水素結合を伴った電荷移動錯体の分類 / p2 (0006.jp2)
  6. 1-1-3)水素結合様式の選択 / p5 (0007.jp2)
  7. 1-1-4)キンヒドロンの中性-中性ラジカル転移 / p6 (0008.jp2)
  8. 第2節 ベンゾキンヒドロンの基本物性の評価 / p10 (0010.jp2)
  9. 1-2-1)序 / p10 (0010.jp2)
  10. 1-2-2)キンヒドロン錯体の合成と同定 / p10 (0010.jp2)
  11. 1-2-3)キンヒドロンの水素結合状態 / p11 (0010.jp2)
  12. 1-2-4)キンヒドロンの電子状態 / p13 (0011.jp2)
  13. 1-2-5)キンヒドロンの物性のまとめ / p17 (0013.jp2)
  14. 第3節 研究概要 / p18 (0014.jp2)
  15. 第4節 実験項 / p20 (0015.jp2)
  16. 第1章引用文献 / p27 (0018.jp2)
  17. 第2章 キンヒドロンの置換基効果 / p48 (0029.jp2)
  18. 第1節 序論:置換基が分子集合体に与える効果についての一般的考察 / p48 (0030.jp2)
  19. 第2節 キノン、ヒドロキノン誘導体の合成とその物性 / p51 (0032.jp2)
  20. 2-2-1)キノン、ヒドロキノン誘導体の合成 / p51 (0032.jp2)
  21. 2-2-2)キノン、ヒドロキノンの酸化還元特性 / p52 (0032.jp2)
  22. 第3節 キンヒドロン錯体の合成と物性 / p58 (0035.jp2)
  23. 2-3-1)錯体合成 / p59 (0036.jp2)
  24. 2-3-2)錯体の基本物性 / p60 (0036.jp2)
  25. 2-3-3)ファスナー効果についての検討 / p63 (0038.jp2)
  26. 2-3-4)静水圧下での相転移の検討 / p67 (0040.jp2)
  27. 2-3-5)まとめ / p67 (0040.jp2)
  28. 第4節 実験項 / p69 (0041.jp2)
  29. 第2章引用文献 / p98 (0055.jp2)
  30. 第3章 拡張キンヒドロン / p130 (0073.jp2)
  31. 第1節 序論 / p130 (0074.jp2)
  32. 3-1-1)π電子系を拡張することの意義 / p130 (0074.jp2)
  33. 3-1-2)電子系の選択 / p131 (0075.jp2)
  34. 第2節 拡張キノン、ヒドロキノンの合成とその物性 / p134 (0076.jp2)
  35. 3-2-1)拡張キノン、ヒドロキノンの合成 / p134 (0076.jp2)
  36. 3-2-2)拡張キノン、ヒドロキノンの酸化還元物性 / p134 (0076.jp2)
  37. 第3節 拡張キンヒドロン錯体の合成と物性 / p136 (0077.jp2)
  38. 3-3-1)錯体の合成 / p136 (0077.jp2)
  39. 3-3-2)錯体の基本物性 / p136 (0077.jp2)
  40. 3-3-3)まとめ / p139 (0079.jp2)
  41. 第4節 実験項 / p139 (0079.jp2)
  42. 第3章引用文献 / p150 (0084.jp2)
  43. 第4章 新しい電子系 / p162 (0090.jp2)
  44. 第1節 序論 / p162 (0091.jp2)
  45. 第2節 ドナー分子の合成とその基本性質 / p164 (0092.jp2)
  46. 4-2-1)ドナー分子の合成 / p164 (0092.jp2)
  47. 4-2-2)ドナー分子の基本性質 / p164 (0092.jp2)
  48. 第3節 錯体合成とその基本物性 / p167 (0094.jp2)
  49. 4-3-1)錯体合成 / p167 (0094.jp2)
  50. 4-3-2)錯体の基本物性 / p167 (0094.jp2)
  51. 第4節 X線結晶構造解析 / p169 (0095.jp2)
  52. 4-4-1)HPDS-BQの結晶構造解析 / p169 (0095.jp2)
  53. 4-4-2)HPTN-クロラニルの結晶構造解析 / p171 (0096.jp2)
  54. 4-4-4)電荷移動量の検討 / p173 (0097.jp2)
  55. 4-4-4)静水圧下での相転移の検討 / p173 (0097.jp2)
  56. 4-4-5)まとめ / p174 (0097.jp2)
  57. 第5節 実験項 / p175 (0098.jp2)
  58. 第4章引用文献 / p178 (0099.jp2)
  59. 付録 p-ベンゾキノン誘導体の還元電位 / p201 (0112.jp2)
  60. 業績一覧 / (0114.jp2)
  61. 謝辞 / (0115.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094750
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000094976
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000259064
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ