流体-構造連成問題の数値解析手法の研究

この論文をさがす

著者

    • 大金, 一二 オオガネ, カツジ

書誌事項

タイトル

流体-構造連成問題の数値解析手法の研究

著者名

大金, 一二

著者別名

オオガネ, カツジ

学位授与大学

長岡技術科学大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第70号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序章 / p2 (0012.jp2)
  3. 第1章 研究の背景と目的 / p2 (0012.jp2)
  4. 第1部 解析手法 / p5 (0015.jp2)
  5. 第2章 数値流体力学及び第1部の概要 / p6 (0016.jp2)
  6. 2.1 第1部の概要 / p6 (0016.jp2)
  7. 2.2 数値流体力学の歴史と現状 / p6 (0016.jp2)
  8. 2.3 数値解析の分類 / p7 (0017.jp2)
  9. 2.4 流れ場の数値解析の方法 / p10 (0020.jp2)
  10. 第3章 流体-構造連成問題 / p12 (0022.jp2)
  11. 3.1 概要 / p12 (0022.jp2)
  12. 3.2 流体-構造連成問題の数値解析における問題点 / p14 (0024.jp2)
  13. 3.3 時間微分の記述 / p15 (0025.jp2)
  14. 3.4 構成方程式 / p18 (0028.jp2)
  15. 3.5 連成に関する基本アルゴリズム / p22 (0032.jp2)
  16. 第4章 格子生成法 / p24 (0034.jp2)
  17. 4.1 格子生成の概要 / p25 (0035.jp2)
  18. 4.2 たわみ曲線を用いた格子生成法 / p30 (0040.jp2)
  19. 第2部 解析例 / p39 (0049.jp2)
  20. 第5章 従来の研究及び第2部の概要 / p40 (0050.jp2)
  21. 第6章 一様流中におかれた物体周りの流れ / p43 (0053.jp2)
  22. 6.1 解析精度について / p43 (0053.jp2)
  23. 6.2 円柱,正方形柱周りの流れ / p50 (0060.jp2)
  24. 6.3 結論 / p56 (0066.jp2)
  25. 第7章 強制振動を行う円柱周りの流れ / p57 (0067.jp2)
  26. 7.1 一様流中の振動円柱における同期現象の数値解析 / p58 (0068.jp2)
  27. 第8章 弾性支持された円柱の渦励振 / p69 (0079.jp2)
  28. 8.1 一様流中で弾性支持された円柱の渦励振 / p69 (0079.jp2)
  29. 8.2 解析方法 / p70 (0080.jp2)
  30. 8.3 解析条件及び結果 / p73 (0083.jp2)
  31. 8.4 結論 / p84 (0094.jp2)
  32. 第9章 揺動運動を行う物体の推進力 / p85 (0095.jp2)
  33. 9.1 揺動運動を行う平板の推進効率 / p86 (0096.jp2)
  34. 9.2 平板の運動モデル / p87 (0097.jp2)
  35. 9.3 計算格子 / p87 (0097.jp2)
  36. 9.4 解析条件 / p89 (0099.jp2)
  37. 9.5 解析結果 / p90 (0100.jp2)
  38. 9.6 結論 / p93 (0103.jp2)
  39. 結論 / p105 (0115.jp2)
  40. 参考文献 / p108 (0118.jp2)
  41. 謝辞 / p115 (0125.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094792
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095018
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259106
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ