セラミックスの疲労き裂伝ぱ特性に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 高橋, 学 タカハシ, マナブ

書誌事項

タイトル

セラミックスの疲労き裂伝ぱ特性に関する基礎的研究

著者名

高橋, 学

著者別名

タカハシ, マナブ

学位授与大学

長岡技術科学大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第75号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1・1節 セラミックスの疲労研究の歴史 / p1 (0006.jp2)
  4. 1・2節 疲労き裂伝ぱに関する研究の現状 / p2 (0007.jp2)
  5. 1・3節 本研究の目的 / p9 (0010.jp2)
  6. 1・4節 本論文の構成と概要 / p9 (0010.jp2)
  7. 参考文献 / p11 (0011.jp2)
  8. 第2章 窒化けい素の基本的疲労き裂伝ぱ特性 / p13 (0012.jp2)
  9. 2・1節 緒言 / p13 (0012.jp2)
  10. 2・2節 実験方法 / p14 (0013.jp2)
  11. 2・2・1 供試材および試験片 / p14 (0013.jp2)
  12. 2・2・2 実験方法 / p15 (0013.jp2)
  13. 2・3節 結果および考察 / p17 (0014.jp2)
  14. 2・3・1 疲労き裂伝ぱ挙動 / p17 (0014.jp2)
  15. 2・3・2 き裂開閉口挙動 / p20 (0016.jp2)
  16. 2・3・3 き裂伝ぱ経路および破面観察 / p23 (0017.jp2)
  17. 2・4節 結言 / p25 (0018.jp2)
  18. 参考文献 / p25 (0018.jp2)
  19. 第3章 窒化けい素の疲労き裂伝ぱ機構とき裂先端応力拡大係数 / p27 (0019.jp2)
  20. 3・1節 緒言 / p27 (0019.jp2)
  21. 3・2節 疲労き裂伝ぱ過程のin situ観察 / p28 (0020.jp2)
  22. 3・3節 き裂伝ぱメカニズム / p31 (0022.jp2)
  23. 3・4節 き裂先端応力拡大係数 / p32 (0023.jp2)
  24. 3・5節 き裂先端応力拡大係数の適用 / p36 (0025.jp2)
  25. 3・5・1 き裂開口端変位の測定方法 / p36 (0025.jp2)
  26. 3・5・2 き裂先端応力拡大係数による整理 / p37 (0025.jp2)
  27. 3・6節 結言 / p45 (0029.jp2)
  28. 参考文献 / p45 (0029.jp2)
  29. 第4章 疲労き裂伝ぱ挙動に及ぼすき裂長さの影響 / p48 (0031.jp2)
  30. 4・1節 緒言 / p48 (0031.jp2)
  31. 4・2節 実験方法 / p49 (0031.jp2)
  32. 4・2・1 [化学式]一定試験 / p49 (0031.jp2)
  33. 4・2・2 短い貫通き裂試験片の作成および伝ぱ試験 / p49 (0031.jp2)
  34. 4・3節 結果および考察 / p51 (0032.jp2)
  35. 4・3・1 [化学式]一定試験におけるき裂伝ぱ挙動 / p51 (0032.jp2)
  36. 4・3・2 短い貫通き裂の疲労き裂伝ぱ挙動 / p54 (0034.jp2)
  37. 4・3・3 き裂先端応力拡大係数 [化学式] による伝ぱ挙動の整理 / p56 (0035.jp2)
  38. 4・4節 結言 / p60 (0037.jp2)
  39. 参考文献 / p60 (0037.jp2)
  40. 第5章 表面き裂の疲労き裂伝ぱ挙動 / p62 (0038.jp2)
  41. 5・1節 緒言 / p62 (0038.jp2)
  42. 5・2節 実験方法 / p62 (0038.jp2)
  43. 5・2・1 供試材および試験片 / p62 (0038.jp2)
  44. 5・2・2 疲労き裂伝ぱ試験 / p64 (0039.jp2)
  45. 5・2・3 表面き裂長さの測定 / p66 (0040.jp2)
  46. 5・3節 結果および考察 / p70 (0042.jp2)
  47. 5・3・1 導入した表面き裂の有効性 / p70 (0042.jp2)
  48. 5・3・2 表面き裂の下限界値のき裂長さ依存性 / p70 (0042.jp2)
  49. 5・3・3 表面き裂の繰返し疲労き裂伝ぱ特性 / p73 (0043.jp2)
  50. 5・3・4 表面き裂のき裂先端応力拡大係数 / p75 (0044.jp2)
  51. 5・4節 結言 / p80 (0047.jp2)
  52. 参考文献 / p80 (0047.jp2)
  53. 第6章 疲労き裂伝ぱ挙動に及ぼす結晶粒径の影響 / p82 (0048.jp2)
  54. 6・1節 緒言 / p82 (0048.jp2)
  55. 6・2節 実験方法 / p83 (0048.jp2)
  56. 6・2・1 供試材および試験片 / p83 (0048.jp2)
  57. 6・2・2 実験方法 / p84 (0049.jp2)
  58. 6・3節 結果および考察 / p86 (0050.jp2)
  59. 6・3・1 き裂伝ぱ挙動 / p86 (0050.jp2)
  60. 6・3・2 破面およびき裂伝ぱ経路の観察 / p87 (0050.jp2)
  61. 6・3・3 [化学式] によるき裂伝ぱ速度の整理 / p87 (0050.jp2)
  62. 6・4節 結言 / p94 (0054.jp2)
  63. 参考文献 / p95 (0054.jp2)
  64. 第7章 疲労強度に及ぼす研削加工の影響と寿命評価 / p96 (0055.jp2)
  65. 7・1節 緒言 / p96 (0055.jp2)
  66. 7・2節 実験方法 / p97 (0055.jp2)
  67. 7・2・1 供試材および試験片 / p97 (0055.jp2)
  68. 7・2・2 実験方法 / p98 (0056.jp2)
  69. 7・2・3 表面性状の測定 / p98 (0056.jp2)
  70. 7・3節 結果および考察 / p100 (0057.jp2)
  71. 7・3・1 疲労強度に及ぼす表面粗さの影響 / p100 (0057.jp2)
  72. 7・3・2 疲労強度に及ぼす残留応力の影響 / p101 (0057.jp2)
  73. 7・3・3 疲労強度と表面形状パラメータの関係 / p101 (0057.jp2)
  74. 7・3・4 研削仕上げした窒化けい素の寿命推定 / p102 (0058.jp2)
  75. 7・4節 結言 / p107 (0060.jp2)
  76. 参考文献 / p107 (0060.jp2)
  77. 第8章 数種のセラミックスの疲労き裂伝ぱ特性の比較 / p108 (0061.jp2)
  78. 8・1節 緒言 / p108 (0061.jp2)
  79. 8・2節 実験方法 / p110 (0062.jp2)
  80. 8・2・1 供試材 / p110 (0062.jp2)
  81. 8・2・2 繰返し疲労き裂伝ぱ試験 / p110 (0062.jp2)
  82. 8・2・3 静疲労き裂伝ぱ試験 / p111 (0062.jp2)
  83. 8・3節 結果および考察 / p111 (0062.jp2)
  84. 8・3・1 静疲労および繰返し疲労き裂伝ぱ特性 / p111 (0062.jp2)
  85. 8・3・2 破面観察およびき裂伝ぱ経路 / p113 (0063.jp2)
  86. 8・3・3 き裂先端応力拡大係数による伝ぱ曲線の一般化 / p118 (0066.jp2)
  87. 8・3・4 下限界でのプロセスゾーンと組織特性寸法 / p120 (0067.jp2)
  88. 8・3・5 他の研究との比較 / p121 (0067.jp2)
  89. 8・4節 結言 / p126 (0070.jp2)
  90. 参考文献 / p126 (0070.jp2)
  91. 第9章 結論 / p128 (0071.jp2)
  92. 謝辞 / (0072.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094797
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095023
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259111
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ