移動体環境に有効なアダプティブアンテナ及び雑音未知の追尾系に対するカルマンフィルタの応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 汪, 晋寛 ワン, チンコアン

書誌事項

タイトル

移動体環境に有効なアダプティブアンテナ及び雑音未知の追尾系に対するカルマンフィルタの応用に関する研究

著者名

汪, 晋寛

著者別名

ワン, チンコアン

学位授与大学

電気通信大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第26号

学位授与年月日

1993-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0008.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0014.jp2)
  3. 1.1 概要 / p1 (0014.jp2)
  4. 1.2 本研究の背景 / p2 (0015.jp2)
  5. 1.3 日的と範囲 / p7 (0020.jp2)
  6. 1.4 本論文の構成 / p8 (0021.jp2)
  7. 第2章 カルマンフィルタ応用に関する技術的な問題 / p11 (0024.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p11 (0024.jp2)
  9. 2.2 カルマンフィルタにおける問題の定式化 / p11 (0024.jp2)
  10. 2.3 アダプティブアンテナの原理と構成 / p14 (0027.jp2)
  11. 2.4 アダプティブアンテナに関する研究の現状と課題 / p18 (0031.jp2)
  12. 2.5 宇宙システムにおけるカルマンフィルタの役割と課題 / p20 (0033.jp2)
  13. 2.6 結言 / p21 (0034.jp2)
  14. 図 / p22 (0035.jp2)
  15. 第3章 カルマンフィルタを用いたアダプティブアンテナの定常特性 / p24 (0037.jp2)
  16. 3.1 諸言 / p24 (0037.jp2)
  17. 3.2 重み係数の制御に適したカルマンフィルタのアルゴリズム / p26 (0039.jp2)
  18. 3.3 最適重み係数への収束条件 / p28 (0041.jp2)
  19. 3.4 シミュレーションによる検討 / p33 (0046.jp2)
  20. 3.5 有効性についての考察 / p37 (0050.jp2)
  21. 3.6 結言 / p39 (0052.jp2)
  22. 図 / p41 (0054.jp2)
  23. 第4章 カルマンフィルタ型アダプティブアンテナの高速移動通信への適応性 / p49 (0062.jp2)
  24. 4.1 緒言 / p49 (0062.jp2)
  25. 4.2 非定常状態における重み係数の状態遷移行列の導出 / p51 (0064.jp2)
  26. 4.3 非定常カルマンフィルタのアルゴリズム / p58 (0071.jp2)
  27. 4.4 シミュレーション実験および結果 / p59 (0072.jp2)
  28. 4.5 信号波と干渉波に相関がある場合への応用 / p62 (0075.jp2)
  29. 4.6 他の制御方法との比較 / p63 (0076.jp2)
  30. 4.7 結言 / p64 (0077.jp2)
  31. 図 / p66 (0079.jp2)
  32. 第5章 適応カルマン追尾フィルタとそのテザー衛星系への応用 / p81 (0094.jp2)
  33. 5.1 緒言 / p81 (0094.jp2)
  34. 5.2 適応カルマン追尾フィルタ / p82 (0095.jp2)
  35. 5.3 テザー衛星の追尾への応用 / p89 (0102.jp2)
  36. 5.4 シミュレーションおよび結果 / p93 (0106.jp2)
  37. 5.5 結言 / p95 (0108.jp2)
  38. 図 / p97 (0110.jp2)
  39. 第6章 結論 / p105 (0118.jp2)
  40. 6.1 本研究の成果 / p105 (0118.jp2)
  41. 6.2 残された課題 / p107 (0120.jp2)
  42. 謝辞 / p109 (0122.jp2)
  43. 参考文献 / p111 (0124.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094919
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095145
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259233
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ