Absidia zychaeセリンタイプカルボキシペプチダーゼに関する分子生物学的研究

この論文をさがす

著者

    • 李, 秉魯 イ, ビョンノ

書誌事項

タイトル

Absidia zychaeセリンタイプカルボキシペプチダーゼに関する分子生物学的研究

著者名

李, 秉魯

著者別名

イ, ビョンノ

学位授与大学

東京農工大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第94号

学位授与年月日

1993-03-16

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0011.jp2)
  3. 第1節 緒言 / p1 (0011.jp2)
  4. 第2節 プロテアーゼの機能及び利用 / p3 (0013.jp2)
  5. 第3節 プロテアーゼの命名法 / p4 (0014.jp2)
  6. 第4節 プロテアーゼの分類 / p8 (0018.jp2)
  7. 第5節 セリンタイプカルボキシペプチダーゼの特徴 / p12 (0022.jp2)
  8. 第6節 本研究の目的と本論文の構成 / p15 (0025.jp2)
  9. 第2章 接合菌類からのカルボキシペプチダーゼ大量生産菌の検索 / p17 (0027.jp2)
  10. 第1節 緒言 / p17 (0027.jp2)
  11. 第2節 実験材料及び方法 / p18 (0028.jp2)
  12. 1.供試菌株 / p18 (0028.jp2)
  13. 2.培養法及び粗酵素液の調製法 / p18 (0028.jp2)
  14. 3.カルボキシペプチダーゼ活性測定法 / p19 (0029.jp2)
  15. 4.プロテイナーゼ活性測定法 / p19 (0029.jp2)
  16. 第3節 実験結果及び考察 / p19 (0029.jp2)
  17. 第4節 要約 / p22 (0032.jp2)
  18. 第3章 Absidia zychaeが生産するセリンタイプカルボキシペプチダーゼ(CPZ)の精製及び性質 / p23 (0033.jp2)
  19. 第1節 緒言 / p23 (0033.jp2)
  20. 第2節 実験材料及び方法 / p23 (0033.jp2)
  21. 1.供試菌株及び培養条件の検討 / p23 (0033.jp2)
  22. 2.カルボキシペプチダーゼ活性測定法 / p25 (0035.jp2)
  23. 3.タンパク質量測定法 / p25 (0035.jp2)
  24. 4.カルボキシペプチダーゼの精製法 / p25 (0035.jp2)
  25. 5.分子量測定法 / p26 (0036.jp2)
  26. 6.等電点測定法 / p26 (0036.jp2)
  27. 7.最適pH測定法 / p26 (0036.jp2)
  28. 8.pH安定性測定法 / p27 (0037.jp2)
  29. 9.温度安定性測定法 / p27 (0037.jp2)
  30. 10.阻害剤の影響 / p27 (0037.jp2)
  31. 11.低分子合成基質に対する作用 / p28 (0038.jp2)
  32. 12.反応速度パラメータ / p28 (0038.jp2)
  33. 13.生理活性ペプチド及びC末端アミド化基質に対する作用 / p28 (0038.jp2)
  34. 14.アミノ酸組成分析法 / p28 (0038.jp2)
  35. 15.N末端アミノ酸配列決定法 / p29 (0039.jp2)
  36. 16.ウサギ抗血清の作製法 / p29 (0039.jp2)
  37. 17.二重免疫拡散法 / p30 (0040.jp2)
  38. 18.糖鎖検定法 / p30 (0040.jp2)
  39. 19.V8プロテアーゼによるペプチドマッピング / p31 (0041.jp2)
  40. 第3節 実験結果 / p31 (0041.jp2)
  41. 1.培養条件及び酵素の精製 / p31 (0041.jp2)
  42. 2.酵素の性質 / p33 (0043.jp2)
  43. 3.基質特異性 / p38 (0048.jp2)
  44. 4.C末端アミド化基質に対する作用 / p45 (0055.jp2)
  45. 5.酵素の多様性 / p47 (0057.jp2)
  46. 第4節 考察 / p52 (0062.jp2)
  47. 第5節 要約 / p59 (0069.jp2)
  48. 第4章 CPZ cDNAのクローン化と構造解析 / p60 (0070.jp2)
  49. 第1節 緒言 / p60 (0070.jp2)
  50. 第2節 実験材料及び方法 / p61 (0071.jp2)
  51. 1.供試菌株、プラスミド、培地 / p61 (0071.jp2)
  52. 2.CPZ-2の部分アミノ酸配列決定法 / p61 (0071.jp2)
  53. 3.オリゴヌクレオチドの合成 / p64 (0074.jp2)
  54. 4.全RNAの抽出法 / p64 (0074.jp2)
  55. 5.poly(A)⁺RNAの精製法 / p66 (0076.jp2)
  56. 6.cDNAライブラリー作製法 / p67 (0077.jp2)
  57. 7.イムノスクリーニング / p67 (0077.jp2)
  58. 8.サザンハイブリダイゼーション / p68 (0078.jp2)
  59. 9.塩基配列決定法 / p72 (0082.jp2)
  60. 10.塩基配列及びアミノ酸配列の解析 / p75 (0085.jp2)
  61. 第3節 実験結果 / p75 (0085.jp2)
  62. 1.CPZ-2の部分アミノ酸配列及びオリゴヌクレオチド合成 / p75 (0085.jp2)
  63. 2.CPZ cDNAのクローン化 / p75 (0085.jp2)
  64. 3.CPZ cDNAの構造解析 / p76 (0086.jp2)
  65. 4.CPZと他のタンパク質との類似性 / p81 (0091.jp2)
  66. 第4節 考察 / p85 (0095.jp2)
  67. 第5節 要約 / p91 (0101.jp2)
  68. 第5章 CPZゲノムDNAのクローン化と構造解析 / p92 (0102.jp2)
  69. 第1節 緒言 / p92 (0102.jp2)
  70. 第2節 実験材料及び方法 / p93 (0103.jp2)
  71. 1.供試菌株、プラスミド、培地 / p93 (0103.jp2)
  72. 2.ゲノミックサザンハイブリダイゼーション / p93 (0103.jp2)
  73. 3.ゲノムDNAライブラリーの作製法 / p94 (0104.jp2)
  74. 4.スクリーニング / p94 (0104.jp2)
  75. 5.塩基配列決定 / p95 (0105.jp2)
  76. 第3節 実験結果 / p95 (0105.jp2)
  77. 第4節 考察 / p101 (0111.jp2)
  78. 第5節 要約 / p105 (0115.jp2)
  79. 第6章 CPZ cDNAの発現 / p107 (0117.jp2)
  80. 第1節 緒言 / p107 (0117.jp2)
  81. 第2節 実験材料及び方法 / p108 (0118.jp2)
  82. 1.大腸菌における発現 / p108 (0118.jp2)
  83. 2.酵母における発現 / p112 (0122.jp2)
  84. 第3節 実験結果 / p118 (0128.jp2)
  85. 1.大腸菌における発現 / p118 (0128.jp2)
  86. 2.酵母における発現 / p120 (0130.jp2)
  87. 第4節 考察 / p125 (0135.jp2)
  88. 第5節 要約 / p127 (0137.jp2)
  89. 第7章 総括 / p129 (0139.jp2)
  90. 謝辞 / p132 (0142.jp2)
  91. 文献 / p134 (0144.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000094943
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095169
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259257
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ