セレン化合物の毒性発現機構における活性酸素の関与

この論文をさがす

著者

    • 北原, 淳 キタハラ, ジュン

書誌事項

タイトル

セレン化合物の毒性発現機構における活性酸素の関与

著者名

北原, 淳

著者別名

キタハラ, ジュン

学位授与大学

北里大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第201号

学位授与年月日

1993-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序章 / p1 (0004.jp2)
  3. 1章 亜セレン酸とグルタチオンの化学反応による活性酸素の生成 / p4 (0007.jp2)
  4. 1-1 既報の研究成果の再検討 / p4 (0007.jp2)
  5. 1-2 活性酸素分子種と生成経路の検討 / p20 (0023.jp2)
  6. 1-3 まとめ / p46 (0049.jp2)
  7. 2章 亜セレン酸の毒性発現における活性酸素の関与 / p48 (0051.jp2)
  8. 2-1 亜セレン酸の細胞毒性発現における活性酸素の関与 / p48 (0051.jp2)
  9. 2-2 マウスに対する亜セレン酸の毒性発現における活性酸素の関与 / p62 (0065.jp2)
  10. 2-3 まとめ / p67 (0070.jp2)
  11. 3章 セレン含有アミノ酸の毒性発現における活性酸素の関与 / p68 (0071.jp2)
  12. 総括 / p75 (0078.jp2)
  13. 謝辞 / p79 (0082.jp2)
  14. 参考文献 / p80 (0083.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095082
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095308
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259396
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ