防御因子増強型抗潰瘍剤に関する医薬品化学的研究

この論文をさがす

著者

    • 上田, 浩貴 ウエダ, ヒロキ

書誌事項

タイトル

防御因子増強型抗潰瘍剤に関する医薬品化学的研究

著者名

上田, 浩貴

著者別名

ウエダ, ヒロキ

学位授与大学

徳島文理大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第10号

学位授与年月日

1993-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 論文の内容要旨 / (0002.jp2)
  3. 目次 / (0008.jp2)
  4. 第1章 緒言 / p3 (0010.jp2)
  5. 第2章 trans-4-Guanidinomethylcyclohexane-carboxylic Acid(trans-GMCHA)Arylamide Hydrochlorideの合成と抗潰瘍作用 / p9 (0013.jp2)
  6. 1 合成 / p10 (0014.jp2)
  7. 2 酵素阻害作用 / p12 (0015.jp2)
  8. 3 trans-GMCHA Arylamide・HCl誘導体の水浸ストレス潰瘍に対する効果 / p13 (0015.jp2)
  9. 4 急性毒性試験 / p14 (0016.jp2)
  10. 5 trans-GMCHA(2'-Ethoxycarboxyl)Phenylamide(6)の各種実験潰瘍に対する作用 / p16 (0017.jp2)
  11. 第3章 4-Guanidinomethylbenzoic Acid(GMBA)Arylamide Hydrochlorideの合成と抗潰瘍作用 / p23 (0020.jp2)
  12. 1 合成 / p23 (0020.jp2)
  13. 2 GMBA Arylamide・HCl類の水浸ストレス潰瘍における効果 / p27 (0022.jp2)
  14. 3 毒性試験 / p29 (0023.jp2)
  15. 4 GMBA(2'-Ethoxycarbonyl)Phenylamide(11)の各種実験潰瘍に対する検討 / p30 (0024.jp2)
  16. 第4章 Polyhydroxychalconeの抗潰瘍作用 / p39 (0028.jp2)
  17. 1 Polyhydroxychalcone類の壊死性物質誘発胃潰瘍に及ぼす影響 / p39 (0028.jp2)
  18. 2 2',4'-Dihydroxychalcone(20)の抗潰瘍作用についての検討 / p41 (0029.jp2)
  19. 第5章 結論と要約 / p51 (0034.jp2)
  20. 実験の部 / p57 (0037.jp2)
  21. 第2章に関する実験 / p58 (0038.jp2)
  22. 第3章に関する実験 / p62 (0040.jp2)
  23. 第4章に関する実験 / p66 (0042.jp2)
  24. 合成した化合物の元素分析値 / p69 (0043.jp2)
  25. 引用文献 / p72 (0045.jp2)
  26. 謝辞 / p76 (0047.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095120
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095346
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259434
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ