エナミンおよびエンヒドラジンを構築材とするヘテロ環化反応の開発と応用

この論文をさがす

著者

    • 山崎, 哲郎 ヤマサキ, テツオ

書誌事項

タイトル

エナミンおよびエンヒドラジンを構築材とするヘテロ環化反応の開発と応用

著者名

山崎, 哲郎

著者別名

ヤマサキ, テツオ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第27号

学位授与年月日

1993-01-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1節 研究の背景および目的 / p1 (0005.jp2)
  4. 第2節 従来の知見および著者の研究方針 / p3 (0006.jp2)
  5. 第2章 縮合pyridazinone環形成への新規ヘテロ環化反応の開発 / p5 (0007.jp2)
  6. 第1節 5-hydrazinopyridazinone類とDMADとの脱水素環化反応 / p5 (0007.jp2)
  7. 第2節 5-N,N´-dialkylhydrazinopyridazinone類とDMADとの環化反応並びにその反応機構の考察 / p8 (0009.jp2)
  8. 第3節 4-bromo-5-hydrazinopyridazinone類とDMADとの環化反応挙動並びにその反応機構の検索 / p11 (0010.jp2)
  9. 第4節 エンヒドラジン類とDMADとの反応による縮合ヘテロ環合成への応用 / p16 (0013.jp2)
  10. 第1項 環化反応性の検索 / p16 (0013.jp2)
  11. 第2項 1,2-diazepine環への選択的環化反応 / p25 (0017.jp2)
  12. 第3章 縮合pyridazinone環合成反応の開発 / p32 (0021.jp2)
  13. 第1節 5-hydrazinopyridazinone類と2-ケト-1,4-ジエステル類との脱水素環化反応 / p32 (0021.jp2)
  14. 第2節 4-bromo-5-hydrazinopyridazinone類と2-ケト-1,4-ジエステル類との環化反応 / p39 (0024.jp2)
  15. 第4章 pyridazinone環を含む含硫縮合ヘテロ環合成の開発 / p41 (0025.jp2)
  16. 第1節 5-hydrazinopyridazinone誘導体のDADによる酸化的分子内閉環 / p41 (0025.jp2)
  17. 第2節 5-aminopyridazinone類とmethyl N-aryldithiocarbamateとの環化反応 / p47 (0028.jp2)
  18. 第3節 5-aminopyridazinone類とisothiocyanateとの環化反応 / p54 (0032.jp2)
  19. 第1項 5-aminopyridazinone類とphenylisothiocyanateとの環化反応 / p54 (0032.jp2)
  20. 第2項 5-carboethoxymethylaminopyridazinone類とisothiocyanateとの環化反応 / p56 (0033.jp2)
  21. 第5章 総括 / p59 (0034.jp2)
  22. 実験の部 / p62 (0036.jp2)
  23. 謝辞 / p89 (0049.jp2)
  24. 参考文献 / p90 (0050.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095192
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095418
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259506
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ