Fibronectin・VIP・GRPの高感度酵素免疫測定法の開発及びその臨床生化学的応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 近藤, 和宏 コンドウ, カズヒロ

書誌事項

タイトル

Fibronectin・VIP・GRPの高感度酵素免疫測定法の開発及びその臨床生化学的応用に関する研究

著者名

近藤, 和宏

著者別名

コンドウ, カズヒロ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第28号

学位授与年月日

1993-01-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第2章 フィブロネクチンのEIA法の確立とフィブロネクチン点眼剤の製剤学的検討 / p5 (0007.jp2)
  4. 2-1 序 / p5 (0007.jp2)
  5. 2-2 フイブロネクチンのEIA法の確立 / p6 (0008.jp2)
  6. 2-3 フイブロネクチン点眼剤の製剤学的検討 / p10 (0010.jp2)
  7. 2-4 考察 / p17 (0013.jp2)
  8. 2-5 小括 / p19 (0014.jp2)
  9. 第3章 VIPのEIA法の確立とヒト乳汁中及びヒト血漿中のVIP様免疫活性物質(VIP-IS)濃度の測定 / p21 (0015.jp2)
  10. 3-1 序 / p21 (0015.jp2)
  11. 3-2 VIPのEIA法の確立 / p23 (0016.jp2)
  12. 3-3 ヒト乳汁中及びヒト血漿中のVIP-IS濃度の測定 / p29 (0019.jp2)
  13. 3-4 考察 / p32 (0021.jp2)
  14. 3-5 小括 / p35 (0022.jp2)
  15. 第4章 GRPのEIA法の確立とヒト乳汁中及びヒト血漿中のGRP様免疫活性物質(GRP-IS)濃度の測定 / p37 (0023.jp2)
  16. 4-1 序 / p37 (0023.jp2)
  17. 4-2 GRPのEIA法の確立 / p39 (0024.jp2)
  18. 4-3 ヒト乳汁中及びヒト血漿中のGRP-IS濃度の測定 / p45 (0027.jp2)
  19. 4-4 考察 / p51 (0030.jp2)
  20. 4-5 小括 / p54 (0032.jp2)
  21. 第5章 ラット乳腺中のGRP-IS / p56 (0033.jp2)
  22. 5-1 序 / p56 (0033.jp2)
  23. 5-2 ラット乳腺中のGRP-IS / p56 (0033.jp2)
  24. 5-3 考察 / p62 (0036.jp2)
  25. 5-4 小括 / p64 (0037.jp2)
  26. 第6章 総括 / p65 (0037.jp2)
  27. 実験の部 / p69 (0039.jp2)
  28. 謝辞 / p75 (0042.jp2)
  29. 参考文献 / p76 (0043.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095193
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095419
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259507
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ