臨海混合物の普遍性と流動場における相分離過程の粘性挙動に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 福原, 和久 フクハラ, カズヒサ

書誌事項

タイトル

臨海混合物の普遍性と流動場における相分離過程の粘性挙動に関する研究

著者名

福原, 和久

著者別名

フクハラ, カズヒサ

学位授与大学

群馬大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第10号

学位授与年月日

1993-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 論文要旨 / (0005.jp2)
  3. 1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. §.1 研究目的 / p1 (0006.jp2)
  5. §.2 実験的研究の背景 / p1 (0006.jp2)
  6. §.3 臨界現象の理論的発展 / p3 (0007.jp2)
  7. 2章 理論的背景 / p6 (0009.jp2)
  8. §.1 臨界指数 / p6 (0009.jp2)
  9. §.2 散乱光強度 / p7 (0009.jp2)
  10. §.3 濁度 / p8 (0010.jp2)
  11. §.4 粘性 / p9 (0010.jp2)
  12. §.5 濃度ゆらぎの減衰率 / p9 (0010.jp2)
  13. §.6 ずり流動場における濃度ゆらぎ / p11 (0011.jp2)
  14. 3章 実験 / p15 (0013.jp2)
  15. §.1 試薬と測定試料の調整 / p15 (0013.jp2)
  16. §.2 散乱光強度及びゆらぎの減衰率の測定 / p16 (0014.jp2)
  17. §.3 一相領域における粘性測定 / p19 (0015.jp2)
  18. §.4 相分離過程における粘性測定 / p21 (0016.jp2)
  19. §.5 回転粘度計の校正及び粘性の算出 / p25 (0018.jp2)
  20. 4章 結果及び考察 / p29 (0020.jp2)
  21. §.1 共存曲線と濁度 / p29 (0020.jp2)
  22. §.2 散乱光強度 / p37 (0024.jp2)
  23. §.3 散乱光強度及びゆらぎの減衰率の経時変化 / p44 (0028.jp2)
  24. §.4 一相領域における粘性 / p49 (0030.jp2)
  25. §.5 濃度ゆらぎの減衰率 / p62 (0037.jp2)
  26. §.6 相分離過程における粘性 / p70 (0041.jp2)
  27. 終章 まとめ / p86 (0049.jp2)
  28. §.1 C₆E₃+水系及びC₁₂E₅+水系の臨界普遍性 / p86 (0049.jp2)
  29. §.2 流動場における相分離過程の粘性挙動 / p88 (0050.jp2)
  30. 謝辞 / p90 (0051.jp2)
  31. 関連論文リスト / p91 (0051.jp2)
  32. 参考文献 / p93 (0052.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095239
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095465
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259553
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ