有機スズ試薬を用いる芳香環への炭素官能基の導入とその応用

この論文をさがす

著者

    • 安原, 明登 ヤスハラ, アキト

書誌事項

タイトル

有機スズ試薬を用いる芳香環への炭素官能基の導入とその応用

著者名

安原, 明登

著者別名

ヤスハラ, アキト

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第4800号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章(Z)-1-Tributylstannyl-2-ethoxyetheneのパラジウム触媒反応によるエトキシエテニル基の導入 / p9 (0008.jp2)
  4. 第1節(Z)-1-Tributylstannyl-2-ethoxyetheneと芳香族ハロゲン化合物とのパラジウム触媒反応 / p9 (0008.jp2)
  5. 第2節(Z)-l-Tributylstannyl-2-ethoxyetheneのパラジウム触媒反応を用いる複素芳香環化合物の合成 / p12 (0010.jp2)
  6. 第3節 Hippadineの合成 / p20 (0014.jp2)
  7. 第4節 結び / p22 (0015.jp2)
  8. 第2章(Z)-1-Tributylstannyl-2-ethoxyetheneの一酸化炭素存在下のパラジウム触媒反応によるエトキシエテニルカルボニル基の導入 / p23 (0015.jp2)
  9. 第1節(Z)-1-Tributylstannyl-2-ethoxyetheneと芳香族ハロゲン化合物との一酸化炭素存在下のパラジウム触媒反応 / p23 (0015.jp2)
  10. 第2節(Z)-1-Tributylstannyl-2-ethoxyetheneの一酸化炭素存在下のパラジウム触媒反応を用いる複素芳香環化合物の合成 / p25 (0016.jp2)
  11. 第3節 結び / p27 (0017.jp2)
  12. 第3章 パラジウム触媒反応によるエトキシエチニル基およびエトキシカルボニルエチニル基の導入 / p28 (0018.jp2)
  13. 第1節 Trialkylstannylethoxyacetyleneと芳香族ハロゲン化合物とのパラジウム触媒反応 / p28 (0018.jp2)
  14. 第2節 エトキシエチニルアレーンヘの水の付加反応 / p30 (0019.jp2)
  15. 第3節 芳香環上へのエトキシカルボニルエチニル基の導入 / p31 (0019.jp2)
  16. 第4節 結び / p36 (0022.jp2)
  17. 謝辞 / p38 (0023.jp2)
  18. 実験の部 / p39 (0023.jp2)
  19. 第1章第1節に関する実験 / p39 (0023.jp2)
  20. 第1章第2節に関する実験 / p45 (0026.jp2)
  21. 第1章第3節に関する実験 / p52 (0030.jp2)
  22. 第2章第1節に関する実験 / p53 (0030.jp2)
  23. 第2章第2節に関する実験 / p57 (0032.jp2)
  24. 第3章第1節に関する実験 / p59 (0033.jp2)
  25. 第3章第2節に関する実験 / p65 (0036.jp2)
  26. 第3章第3節に関する実験 / p70 (0039.jp2)
  27. 引用文献 / p78 (0043.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095356
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095582
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259670
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ