陽極酸化アルミナ膜の光学特性と光素子への応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 黄, 礼豊 ホァン, リーフォン

書誌事項

タイトル

陽極酸化アルミナ膜の光学特性と光素子への応用に関する研究

著者名

黄, 礼豊

著者別名

ホァン, リーフォン

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第4818号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序 論 / p1 (0004.jp2)
  3. §1-1 研究の背景と目的 / p1 (0004.jp2)
  4. §1-2 本論文の構成 / p4 (0005.jp2)
  5. 第2章 陽極酸化アルミナ膜の光学特性の理論的評価 / p6 (0006.jp2)
  6. §2-1 まえがき / p6 (0006.jp2)
  7. §2-2 単一円柱状散乱体による散乱理論 / p7 (0007.jp2)
  8. §2-3 配列した円柱状散乱体による散乱理論 / p13 (0010.jp2)
  9. §2-4 Effective Medium Theory / p22 (0014.jp2)
  10. §2-5 まとめ / p24 (0015.jp2)
  11. 第3章 陽極酸化アルミナ膜の形成法と微細構造 / p25 (0016.jp2)
  12. §3-1 まえがき / p25 (0016.jp2)
  13. §3-2 陽極酸化アルミナ膜の形成法 / p26 (0016.jp2)
  14. §3-3 アルミナ膜の微細構造 / p33 (0020.jp2)
  15. §3-4 まとめ / p41 (0024.jp2)
  16. 第4章 陽極酸化アルミナ膜の屈折率と光透過特性 / p42 (0024.jp2)
  17. §4-1 まえがき / p42 (0024.jp2)
  18. §4-2 アルミナ膜の屈折率 / p43 (0025.jp2)
  19. §4-3 アルミナ膜の光透過損失 / p53 (0030.jp2)
  20. §4-4 まとめ / p60 (0033.jp2)
  21. 第5章 低温で陽極酸化したアルミナ膜の偏光特性 / p61 (0034.jp2)
  22. §5-1 まえがき / p61 (0034.jp2)
  23. §5-2 低温での陽極酸化法 / p62 (0034.jp2)
  24. §5-3 低温酸化アルミナ膜の偏光特性 / p66 (0036.jp2)
  25. §5-4 低温膜の偏光特性発現の原因に関する考察 / p73 (0040.jp2)
  26. §5-5 まとめ / p82 (0044.jp2)
  27. 第6章 陽極酸化アルミナ膜を利用した偏光子の試作 / p83 (0045.jp2)
  28. §6-1 まえがき / p83 (0045.jp2)
  29. §6-2 膜の積層による偏光子の大口径化 / p84 (0045.jp2)
  30. §6-4 斜め入射法による大口径化 / p96 (0051.jp2)
  31. §6-4 まとめ / p99 (0053.jp2)
  32. 第7章 結言 / p100 (0053.jp2)
  33. 謝辞 / p102 (0054.jp2)
  34. 参考文献 / p103 (0055.jp2)
  35. 研究発表 / p107 (0057.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095374
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095600
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259688
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ