振動分光法による電極溶液界面のその場測定

この論文をさがす

著者

    • 松田, 直樹 マツダ, ナオキ

書誌事項

タイトル

振動分光法による電極溶液界面のその場測定

著者名

松田, 直樹

著者別名

マツダ, ナオキ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第4842号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序章 / p1 (0006.jp2)
  3. 1-1 緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 第2章 実験 / p10 (0011.jp2)
  5. 2-1 緒言 / p10 (0011.jp2)
  6. 2-2 表面増強ラマン散乱 / p10 (0011.jp2)
  7. 2-3 クレッチマンATR法 / p12 (0012.jp2)
  8. 2-4 高感度反射赤外分光法 / p13 (0012.jp2)
  9. 2-5 表面増強赤外分光法 / p13 (0012.jp2)
  10. 2-6 電気化学測定 / p13 (0012.jp2)
  11. 2-7 電極及び前処理 / p13 (0012.jp2)
  12. 第3章 表面増強ラマン散乱の電荷移動効果の研究 / p17 (0015.jp2)
  13. 3-1 緒言 / p17 (0015.jp2)
  14. 3-2 実験 / p22 (0017.jp2)
  15. 3-3 結果と考察 / p23 (0018.jp2)
  16. 3-4 本章のまとめ / p32 (0022.jp2)
  17. 第4章 Ag上に吸着したp-ニトロチオフェノールの光還元 / p35 (0024.jp2)
  18. 4-1 緒言 / p35 (0024.jp2)
  19. 4-2 実験 / p38 (0026.jp2)
  20. 4-3 Ag電極に吸着したp-二トロチオフェノールの結果と考察 / p40 (0027.jp2)
  21. 4-4 本章のまとめ / p53 (0033.jp2)
  22. 第5章 めっき過程における添加剤の吸着構造の研究 / p56 (0035.jp2)
  23. 5-1 緒言 / p56 (0035.jp2)
  24. 5-2 実験 / p58 (0036.jp2)
  25. 5-3 平板Ag電極上におけるbpyの吸着構造の検討 / p58 (0036.jp2)
  26. 5-4 平板Cu電極上におけるbpyの吸着構造の検討 / p63 (0039.jp2)
  27. 5-5 クレッチマンATR法を用いためっき過程におけるbpyの吸着構造の検討 / p65 (0040.jp2)
  28. 5-6 Ag及びCu上におけるMBTの吸着構造の研究 / p66 (0041.jp2)
  29. 5-7 本章のまとめ / p75 (0045.jp2)
  30. 第6章 ビオロゲンラジカルカチオンの構造の研究 / p79 (0048.jp2)
  31. 6-1 緒言 / p79 (0048.jp2)
  32. 6-2 実験 / p79 (0048.jp2)
  33. 6-3 結果と考察 / p80 (0048.jp2)
  34. 6-4 本章のまとめ / p89 (0053.jp2)
  35. 第7章 総括 / p91 (0054.jp2)
  36. 謝辞 / (0055.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095398
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095624
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259712
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ