脂質二分子膜および酸化還元性膜酵素の電気化学的研究

この論文をさがす

著者

    • 山田, 弘 ヤマダ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

脂質二分子膜および酸化還元性膜酵素の電気化学的研究

著者名

山田, 弘

著者別名

ヤマダ, ヒロシ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第4844号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 第1章 序論 / p4 (0004.jp2)
  3. 1-1 生体膜モデルと電気化学 / p5 (0004.jp2)
  4. 1-2 脂質二分子膜が関わる諸現象 / p7 (0005.jp2)
  5. 1-3 酸化還元タンパクと電気化学 / p15 (0009.jp2)
  6. 1-4 本論文の目的 / p16 (0010.jp2)
  7. 第2章 実験および実験装置 / (0014.jp2)
  8. 2-1 緒言 / p25 (0014.jp2)
  9. 2-2 平面脂質二分子膜の形成 / p26 (0015.jp2)
  10. 2-3 電気化学測定 / p29 (0016.jp2)
  11. 2-4 その他の機器測定 / p33 (0018.jp2)
  12. 2-5 試薬の合成 / p34 (0019.jp2)
  13. 第3章 脂質二分子膜の物質透過過程の検討 / (0020.jp2)
  14. 3-1 緒言 / p38 (0021.jp2)
  15. 3-2 片側を二分子膜とする薄層セルによる膜透過の評価 / p40 (0022.jp2)
  16. 3-3 マイクロ電極による膜透過の評価 / p45 (0024.jp2)
  17. 3-4 結言 / p50 (0027.jp2)
  18. 第4章 脂質二分子膜を介する電子移動過程の検討 / (0028.jp2)
  19. 4-1 緒言 / p53 (0028.jp2)
  20. 4-2 電子伝導性二分子膜のACインピーダンス法による評価 / p55 (0029.jp2)
  21. 4-3 結言 / p68 (0036.jp2)
  22. 第5章 脂質二分子膜を介するイオン移動過程の検討 / (0037.jp2)
  23. 5-1 緒言 / p72 (0038.jp2)
  24. 5-2 膜電流測定によるアラメシチンチャンネル形成のキネティクス / p75 (0039.jp2)
  25. 5-3 マイクロ電極によるイオン透過性の評価 / p82 (0043.jp2)
  26. 5-4 結言 / p86 (0045.jp2)
  27. 第6章 酸化還元膜酵素の速度論 / (0046.jp2)
  28. 6-1 緒言 / p90 (0047.jp2)
  29. 6-2 ストップドフロー法による酵素反応解析 / p96 (0050.jp2)
  30. 6-3 メディエーター/酵素/NADH反応系の電気化学シミュレーション / p107 (0055.jp2)
  31. 6-4 結言 / p117 (0060.jp2)
  32. 第7章 固定化した酸化還元膜酵素の活性評価 / (0063.jp2)
  33. 7-1 緒言 / p123 (0063.jp2)
  34. 7-2 電極上に固定した酵素膜の活性評価 / p124 (0064.jp2)
  35. 7-3 固体基板上に単分子固定した酵素の活性評価 / p133 (0068.jp2)
  36. 7-4 結言 / p142 (0073.jp2)
  37. 第8章 総括 / (0074.jp2)
  38. APPENDIX / (0076.jp2)
  39. I 平板電極でのCV法による理論式 / p150 (0077.jp2)
  40. II 平板電極のデジタルシミュレーション / p153 (0078.jp2)
  41. III マイクロディスク電極のデジタルシミュレーション / p159 (0081.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095400
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095626
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259714
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ