含希土鉱製錬へのアルカリ水熱分解反応の応用に関する基礎研究

この論文をさがす

著者

    • 豊田, 祥一 トヨダ, ショウイチ

書誌事項

タイトル

含希土鉱製錬へのアルカリ水熱分解反応の応用に関する基礎研究

著者名

豊田, 祥一

著者別名

トヨダ, ショウイチ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第4859号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. <目次> / (0004.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0008.jp2)
  3. 第1節 序 / p1 (0008.jp2)
  4. 第2節 現行の含希土鉱製錬法 / p3 (0010.jp2)
  5. 第3節 水熱反応に関する従来の研究 / p8 (0015.jp2)
  6. 第4節 研究内容および論文の構成 / p10 (0017.jp2)
  7. 第2章 本研究に関連する従来研究 / p20 (0027.jp2)
  8. 第1節 序 / p20 (0027.jp2)
  9. 第2節 希土類化合物の安定相および溶解度 / p21 (0028.jp2)
  10. 2-1 希土類化合物の安定相 / p21 (0028.jp2)
  11. 2-2 Ceの酸化反応 / p22 (0029.jp2)
  12. 2-3 希土類化合物の溶解度 / p23 (0030.jp2)
  13. 第3節 アニオン成分の安定相および溶解度 / p24 (0031.jp2)
  14. 3-1 NaFの安定相および溶解度 / p24 (0031.jp2)
  15. 3-2 Na₂CO₃の安定相および溶解度 / p24 (0031.jp2)
  16. 3-3 Na₃PO₄の安定相および溶解度 / p25 (0032.jp2)
  17. 第4節 その他の化合物の安定相および溶解度 / p26 (0033.jp2)
  18. 4-1 Silicaの安定相および溶解度 / p26 (0033.jp2)
  19. 4-2 Goesiteの安定相 / p26 (0033.jp2)
  20. 第5節 総括 / p27 (0034.jp2)
  21. 第3章 実験装置および分析方法 / p43 (0050.jp2)
  22. 第1節 実験装置および実験方法 / p43 (0050.jp2)
  23. 1-1 水熱反応装置の具備すべき条件 / p43 (0050.jp2)
  24. 1-2 マイクロオートクレーブ / p44 (0051.jp2)
  25. 1-3 飽和蒸気圧測定用マイクロオートクレーブ / p44 (0051.jp2)
  26. 1-4 溶解度測定用マイクロオートクレーブ / p45 (0052.jp2)
  27. 1-5 反応容器加熱装置 / p45 (0052.jp2)
  28. 1-6 分解反応速度測定用オートクレーブ / p45 (0052.jp2)
  29. 第2節 含希土精鉱試料 / p46 (0053.jp2)
  30. 2-1 代表的な含希土精鉱 / p46 (0053.jp2)
  31. 2-2 原鉱試料の組成分析 / p48 (0055.jp2)
  32. 第3節 分析方法 / p49 (0056.jp2)
  33. 3-1 示差熱分析(TG分析、DTA分析) / p49 (0056.jp2)
  34. 3-2 プラズマ発光分光分析(ICP分析) / p49 (0056.jp2)
  35. 3-3 イオンクロマトグラフ分析(IC分析) / p50 (0057.jp2)
  36. 3-4 粉末X線回折分析 / p50 (0057.jp2)
  37. 3-5 粒径分布測定 / p50 (0057.jp2)
  38. 3-6 走査型電子顕微鏡観察(SEM観察) / p50 (0057.jp2)
  39. 第4章 高温高圧下におけるNaOH水溶液の熱力学 / p64 (0071.jp2)
  40. 第1節 序 / p64 (0071.jp2)
  41. 第2節 濃厚電解質水溶液の熱力学に関する従来研究 / p65 (0072.jp2)
  42. 第3節 NaOHの活量算出法 / p66 (0073.jp2)
  43. 3-1 飽和蒸気圧を用いたNaOHの活量の計算方法 / p66 (0073.jp2)
  44. 3-2 飽和蒸気圧の測定方法 / p67 (0074.jp2)
  45. 3-3 NaOH水溶液の溶質濃度の補正方法 / p68 (0075.jp2)
  46. 第4節 実験結果 / p70 (0077.jp2)
  47. 4-1 実験精度の確認 / p70 (0077.jp2)
  48. 4-2 水熱条件下におけるNaOH水溶液の飽和蒸気圧の測定 / p71 (0078.jp2)
  49. 第5節 考察 / p72 (0079.jp2)
  50. 5-1 飽和蒸気圧比とH₂Oの活量の関係 / p72 (0079.jp2)
  51. 5-2 水熱条件下におけるNaOH水溶液中のH₂Oの活量 / p75 (0082.jp2)
  52. 5-3 水熱条件下におけるNaOH水溶液中のNaOHの活量 / p76 (0083.jp2)
  53. 5-4 水熱条件下におけるNaOH水溶液中のH₂Oの自由エネルギー / p78 (0085.jp2)
  54. 第5節 総括 / p79 (0086.jp2)
  55. [Appendix-1] / A.1 / (0103.jp2)
  56. 第5章 含希土鉱製錬へのアルカリ水熱分解反応の応用 / p96 (0105.jp2)
  57. 第1節 序 / p96 (0105.jp2)
  58. 第2節 実験方法 / p97 (0106.jp2)
  59. 2-1 含希土精鉱のアルカリ水熱分解 / p97 (0106.jp2)
  60. 2-2 希土類化合物の安定相の同定実験 / p98 (0107.jp2)
  61. 第3節 実験結果 / p98 (0107.jp2)
  62. 3-1 バストネサイト精鉱への応用 / p98 (0107.jp2)
  63. 3-2 ゼノタイム精鉱への応用 / p102 (0111.jp2)
  64. 3-3 モナザイト精鉱への応用 / p104 (0113.jp2)
  65. 第4節 考察 / p105 (0114.jp2)
  66. 4-1 バストネサイトの分解機構 / p105 (0114.jp2)
  67. 4-2 ゼノタイムの分解機構 / p107 (0116.jp2)
  68. 4-3 モナザイトの分解機構 / p109 (0118.jp2)
  69. 4-4 各希土類元素の挙動と粗分離の可能性 / p110 (0119.jp2)
  70. 4-5 含希土鉱製錬へのアルカリ水熱分解法の適用性 / p112 (0121.jp2)
  71. 第5節 総括 / p113 (0122.jp2)
  72. 第6章 鉱石分解の反応速度および反応機構 / p140 (0149.jp2)
  73. 第1節 序 / p140 (0149.jp2)
  74. 第2節 実験方法 / p141 (0150.jp2)
  75. 第3節 実験結果 / p142 (0151.jp2)
  76. 3-1 攬拌速度の影響 / p142 (0151.jp2)
  77. 3-2 鉱石添加量の影響 / p143 (0152.jp2)
  78. 3-3 反応温度およびNaOH濃度の影響 / p144 (0153.jp2)
  79. 3-4 分解反応に伴う粒子変化 / p145 (0154.jp2)
  80. 第4節 考察 / p146 (0155.jp2)
  81. 4-1 分解反応機構および反応速度モデル / p146 (0155.jp2)
  82. 4-2 反応速度のNaOH濃度依存性および反応速度定数の評価 / p148 (0157.jp2)
  83. 第5節 総括 / p149 (0158.jp2)
  84. 第7章 結論および今後の研究課題 / p168 (0177.jp2)
  85. 第1節 結論 / p168 (0177.jp2)
  86. 第2節 本研究における問題点および今後の研究課題 / p173 (0182.jp2)
  87. 謝辞 / p177 (0186.jp2)
  88. 参考文献 / p178 (0187.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095415
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095641
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259729
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ