グリッドチェンバー手法による二次荷電粒子スペクトロメータの開発とその応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 伊藤, 伸夫 イトウ, ノブオ

書誌事項

タイトル

グリッドチェンバー手法による二次荷電粒子スペクトロメータの開発とその応用に関する研究

著者名

伊藤, 伸夫

著者別名

イトウ, ノブオ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第4881号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1-1 高速中性子による荷電粒子放出反応断面積の重要性 / p1 (0004.jp2)
  4. 1-2 荷電粒子放出反応断面積の従来の測定法 / p2 (0005.jp2)
  5. 1-3 測定データ、評価値の現状 / p7 (0007.jp2)
  6. 1-4 グリッドチェンバー(Gridded ionization chamber:GIC)の特徴 / p9 (0008.jp2)
  7. 1-5 本研究の目的 / p10 (0009.jp2)
  8. 第2章 グリッドチェンバーの動作原理 / p11 (0009.jp2)
  9. 2-1 平行平板平板二極電離箱の出力波高 / p11 (0009.jp2)
  10. 2-2 GICの動作原理 / p16 (0012.jp2)
  11. 2-3 xの導出 / p20 (0014.jp2)
  12. 2-4 荷電粒子放出反応断面積測定におけるGICの特徴 / p21 (0014.jp2)
  13. 第3章 測定システム / p22 (0015.jp2)
  14. 3-1 GIC本体 / p23 (0015.jp2)
  15. 3-2 真空排気系、ガス供給ライン / p29 (0018.jp2)
  16. 3-3 検出ガス / p35 (0021.jp2)
  17. 3-4 信号処理・デー夕収集系 / p41 (0024.jp2)
  18. 第4章 特性試験 / p44 (0026.jp2)
  19. 4-1 実験方法 / p45 (0026.jp2)
  20. 4-2 アノード、グリッド、カソードの電圧比 / p49 (0028.jp2)
  21. 4-3 飽和特性 / p50 (0029.jp2)
  22. 4-4 エネルギー分解能、角度分布、角度分解能 / p53 (0030.jp2)
  23. 4-5 H(n,p)反応による応答関数、収量 / p56 (0032.jp2)
  24. 4-6 安定性 / p59 (0033.jp2)
  25. 4-7 4章のまとめ / p60 (0034.jp2)
  26. 第5章 Ni(n,p)反応断面積の測定 / p61 (0034.jp2)
  27. 5-1 実験方法 / p62 (0035.jp2)
  28. 5-2 測定 / p66 (0037.jp2)
  29. 5-3 データ処理・補正 / p68 (0038.jp2)
  30. 5-4 結果 / p72 (0040.jp2)
  31. 第6章 陽子、α粒子放出反応断面積測定への応用 / p74 (0041.jp2)
  32. 6-1 実験方法 / p75 (0041.jp2)
  33. 6-2 測定 / p79 (0043.jp2)
  34. 6-3 データ処理、補正 / p86 (0047.jp2)
  35. 6-4 Niに対するα粒子放出反応断面積測定結果 / p91 (0049.jp2)
  36. 6-5 Feに対するα粒子放出反応断面積測定結果 / p103 (0055.jp2)
  37. 6-6 Cuに対するα粒子放出反応断面積測定結果 / p113 (0060.jp2)
  38. 6-7 Cuに対する陽子放出反応断面積測定結果 / p116 (0062.jp2)
  39. 第7章 結論 / p119 (0063.jp2)
  40. 参考文献 / p122 (0065.jp2)
  41. 謝辞 / (0066.jp2)
  42. Appendix / (0067.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095437
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095663
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259751
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ