モンテカルロ・スピン動力学法によるハイゼンベルグスピングラスの研究

この論文をさがす

著者

    • 伊與田, 健敏 イヨタ, タケトシ

書誌事項

タイトル

モンテカルロ・スピン動力学法によるハイゼンベルグスピングラスの研究

著者名

伊與田, 健敏

著者別名

イヨタ, タケトシ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第4882号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p3 (0004.jp2)
  3. 1.1 緒言 / p3 (0004.jp2)
  4. 1.2 スピングラスの特徴 / p4 (0004.jp2)
  5. 1.3 スピングラスの相図 / p7 (0006.jp2)
  6. 1.4 理論的研究 / p13 (0009.jp2)
  7. 1.5 ±Jイジングモデルの研究 / p16 (0010.jp2)
  8. 第2章 ±Jハイゼンベルグモデルと異方性 / p21 (0013.jp2)
  9. 2.1 ±Jハイゼンベルグモデル / p21 (0013.jp2)
  10. 2.2 SG相転移と異方性の問題 / p24 (0014.jp2)
  11. 第3章 シミュレーション法 / p26 (0015.jp2)
  12. 3.1 イジングモデルの場合 / p26 (0015.jp2)
  13. 3.2 ハイゼンベルグモデルの場合 / p28 (0016.jp2)
  14. 第4章 本研究の目的 / p29 (0017.jp2)
  15. 第5章 動力学的シミュレーション法 / p30 (0017.jp2)
  16. 5.1 モンテカルロ・スピン動力学法 / p30 (0017.jp2)
  17. 5.2 モンテカルロ・スピン動力学法のテスト / p35 (0020.jp2)
  18. 第6章 ±Jハイゼンベルグモデルの相図 / p53 (0029.jp2)
  19. 6.1 モデルと物理量 / p53 (0029.jp2)
  20. 6.2 p=0.5の場合 / p59 (0032.jp2)
  21. 6.3 相図 / p64 (0034.jp2)
  22. 6.4 まとめ / p74 (0039.jp2)
  23. 第7章 異方性の効果とリエントラント相 / p75 (0040.jp2)
  24. 7.1 モデル / p75 (0040.jp2)
  25. 7.2 p=0.5の場合 / p77 (0041.jp2)
  26. 7.3 強磁性相とリエントラント相 / p89 (0047.jp2)
  27. 7.4 まとめ / p105 (0055.jp2)
  28. 7.5 考察 / p107 (0056.jp2)
  29. 第8章 結論 / p108 (0056.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095438
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095664
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259752
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ